スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磨呂子親王の土蜘蛛退治伝説2

両丹日日新聞より

【麻呂子親王伝説】

丹波、丹後に残る麻呂子親王鬼退治伝説(上) 両丹日日新聞

福知山市、宮津市、与謝野町にまたがる大江山には3つ の鬼退治伝説が残っている。「日子坐王(ひこいますのき み)伝説」「麻呂子(まろこ)親王伝説」「源頼光・酒呑 童子伝説」。最も有名なのが酒呑童子伝説で、多くの文献 が残り、ゆかりの地も多いが、麻呂子親王に関しても大江 山周辺にたくさん存在する。福知山市大江町内を中心に関 連地を回った。

麻呂子親王は6世紀後半から7世紀初期にかけての皇族 で、聖徳太子の異母弟と言われている。当時三上ケ嶽(み うえがたけ=大江山)には英胡、軽足、土熊の3鬼がすみ つき、朝廷はこの鬼たちを退治するよう、親王に勅命。大軍を率いて攻めたが、鬼たちの 妖術で歯が立たなかった。

いったん兵を引かせた親王は、神仏の加護をもって鬼を討ち倒そうと考え、薬師如来像 を彫って、もし鬼を討てたならば、丹後に7寺を開き、像をまつる−と祈願したという。

■親王の鞍と鐙が寺宝に 河守の清園寺■

親王を開基と主張する寺は7つ以上あるが、舞鶴市の多禰寺に残る縁起では、大江町河 守の鎌鞍山・清園寺(若田真喬住職)がその一つとしてあげられている。

同寺の開基は586年。親王が勅を受け鬼を討ち、寺を創建するまでの由来を描いた3 幅の「清園寺縁起絵巻」は伝説を色濃く物語る。室町時代の作とされるが、現物は京都博 物館(京都市)にあり、レプリカが同寺と日本の鬼の交流博物館に展示されている。

また寺宝として残る鞍(くら)と鐙(あぶみ)は、親王が馬に乗る際に使っていたもの で、神の加護で鬼退治できたことに感謝して、鎌と一緒に納められたという。同寺の山号 の鎌鞍山はここから付けられた。若田住職(49)は「本物かどうかは分かりませんが、 京都の都から乗って来た馬に取り付けられたものと思われます。末永く後世に伝えていき たい」と話している。

■鎌と鞭納めて開基 仏性寺の如来院■

大江山のふもとにある仏性寺、如来院(田和祐昌住職)も親王が鬼退治の加護に感謝し て、鎌と馬に乗った際に使う鞭(むち)を納めて開基したと伝わる。山号は鎌鞭山。鞭は 長さ約1メートルで木製。漆塗りとみられ、持つところが革張りになっている。

普段は木箱の中に入れ、大切に保管しているが、参拝者に見せることもあり、田和住職 (71)によると、寺に古く残るものだけに、だれもが「これはすごい」と感激するとい う。

丹波、丹後に残る麻呂子親王鬼退治伝説(下) 両丹日日新聞 1月1日(日)16時32分配信

■伝説由来の地名多く

斬った鎌を投げ入れたとされる「鎌渕」という深い池のようになっ ている所がある。

いた馬が立ちすくんだことから付けられた「馬止」という場所も。 更には、額に鏡を付けた白犬が現れ、鏡で照らしたところ、

一筋の道が開け、親王らが進んだといわれている坂「あかさか」も

拡大写真

あり、伝説由来の地名が今も残っている。

お手植えの杉は3本 あったが、今は1本だ



■鬼退治に貢献した白犬と鏡まつる

けになっている

白犬の付けていた鏡をまつっているのが、仏性寺の二瀬川渓流に架かるつり橋・新童子 橋のそばにある美多良志荒神。

う。鬼が倒れたあと白犬は死に、

美多良志は「み照らし」からつけられたとも考えられ、古来、

をよくしてくれる神として厚い信仰を受けている。

■挿した竹の杖から芽が吹き戦勝確信

清園寺近くにある関の逆竹神社にも親王の伝説が残っている。親王の軍勢が鬼退治に行 く途中に神社周辺で休息。親王が地面に竹の杖を逆さに挿して、戦闘で勝てるなら、翌日 には竹から芽が出るだろう−と告げたところ、一夜のうちに根付き、芽を吹いた。家来た ちは霊力のある親王の下で戦えば勝てると、士気を高めた。逆さの竹の逸話が神社創建に つながったとみられる。

鬼や大江町の歴史に詳しい福知山観光協会大江支部の赤松武司副支部長(59)

町金屋=は「酒呑童子伝説の源頼光の逆さ杉の話は、逆竹神社の話を基にしていると考え られる」と話している。

■お手植えの杉 内宮の皇大神社■

軍勢は逆竹神社同様に内宮の元伊勢内宮皇大神社にも寄ったらしく、参道には親王が手 植えしたとされる杉の大木が存在する。

鬼退治が達成出来ることを願って植えたといわれ、

時代に台風で倒れ、もう1本は落雷の影響で枯れたため、

皇大神社の佐藤仁禰宜(76)は「残っている1本は樹齢1500年ほど。杉に向かっ て手を合わす人や幹にさい銭を埋め込む人もいます。神社にとっては大切な木で、雷が落 ちない限り枯れないでしょう」と言う。

このほか親王ゆかりの地は丹後、丹波の広範囲に及び、多くの逸話を残す。酒呑童子伝 説は麻呂子親王伝説を基にしてつくられたという説もある。

日本の鬼の交流博物館の塩見行雄館長(63)は「麻呂子親王の鬼退治伝説の時代は、 地方に仏教が浸透していった過程とだぶることから、仏教徒にならない人たちを鬼と称し て物語をつくり、仏教が広まるようにしたのではないでしょうか」と話す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

私も丹後の出身です。いろいろと検索していて、貴ブログに出会いました。丹後のことはよく知っていたように思っていたのですが、ブログを読んで、まだ知らないことが多いなあと思いました。先祖が一色氏の家臣だったようなので一色氏に興味を持ち、調べたりしていますが、史料が残っておらず、追究は難しいです。ブログの最近の記事が載っていませんが、お気に入りに登録して読ませていただきますので、また記事を書いてください。

Re: 初めまして

鉄太郎様

はじめまして、
返信が遅くなり、申し訳ございません。
私の先祖も一色氏の家臣で、石川氏の末裔です。
丹後国の戦国時代はかなり調査しましたが、一色軍記、丹後三家物語など、一部、史実と異なる資料がありますね。
調べれば調べる程、矛盾点が出てきますね。
丹後の国御檀家帳、宮津市史、舞鶴史などは歴史的資料として、参考になりますが、各町史は一色軍記が参考資料として書かれているものが多いようです。
調査されるならば、昔の手紙、寺などの過去帳が参考になるようです。
色々な方向から見て、また書きたいとおもいます。
ありがとうございます。


> 私も丹後の出身です。いろいろと検索していて、貴ブログに出会いました。丹後のことはよく知っていたように思っていたのですが、ブログを読んで、まだ知らないことが多いなあと思いました。先祖が一色氏の家臣だったようなので一色氏に興味を持ち、調べたりしていますが、史料が残っておらず、追究は難しいです。ブログの最近の記事が載っていませんが、お気に入りに登録して読ませていただきますので、また記事を書いてください。
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。