スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮津の聖ヨハネ天主堂

【日本最古の木造建築現役天主堂】

rps20120102_185258.jpg
左手の建物は、暁星幼稚園。

rps20120102_185233.jpg
【カトリック宮津教会聖ヨハネ天主堂】

●所在地 京都府宮津市宮本
●アクセス: KTR宮津駅から徒歩5分 ●現役の教会堂
●建立1896年(明治29年)

建築年代、様式ともに宮津市を代表する歴史的財産であり、自治体、大学の研究室等から注目 されているそうです。
木造天主堂として現役である。
また天主堂の中は畳敷きだそうです。

設計、ルイ・ルラーブ
施工、大井正司

建築が明治29年と、日本に現存する二番 目に古いカトリック天主堂である。
ステンドグラスを配した洋風の外観、内部は畳敷きとなっている。
明治時代のカトリック教会の様子を今に伝える日本でも貴重な建物である。

明治18年、フランス人宣教師ルイ・ル ラーブ神父が来日され、3年後の明治21年、近畿北部(丹後・但馬・若狭)での布教 活動を命じられた。
しかし、人々に白い目を向けられ、子供から石を投げられ、荷物運びも手伝って貰えない状況の中、宮津に赴任された。
最初は旅籠に身を預け、借家に教会を設置されたそうですが、徐々に信者が増え、順調に教会が発展。
家主の田井五郎衛門も洗礼を受け、敷地を教会へ寄付されました。
宮津のカトリック教会は、日本海地方、最初の教会として根付きました。
神父は、母国フランスから自転車を取り寄せ、宮津、舞鶴、近隣地域の布教活動に励まれたのです。
神父が自転車で走ると警戒の警官が走って後を追い、警官が倒れると神父は警官を介抱したという話が残っています。

その後、教会堂を新築、明治29年に、現在の天主堂が完成しました。
現在でも、毎週日曜日にはミサが 行われている現役の教会です。

宮津市といえば、戦国時代、細川幽斉の作った町である。
明智光秀の子、玉(ガラシャ夫人)が細川家に嫁ぎ、カトリック信者であったのは有名な話。
宮津の町は、有名な神社、寺院の宝庫のような土地であるが、この天主堂は、また一つの宮津の顔である。
城下町、宮津を訪れたら是非立ち寄って頂きたい。

入館できる時間 午前9時〜午後5時(無料) ※ミサの時間帯は、教会内の見学は不可。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

どうもありがとうございます。


プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。