スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

但馬の王墓 茶すり山古墳

[近畿最大の円墳]

兵庫県は、日本で一番古墳が多い県で、その中でも、但馬地方に集中しています。
但馬は、古代七世紀以前は、丹波でありました。
日本書紀に登場するアメノヒボコ集団の本拠地でもあります。
和田山から山東へ抜ける「宝珠峠」の途中、標高約144メー トルの尾根の先端に位置する茶すり山古墳は、5世紀前葉の大型 円墳です。 円墳としては奈良県富雄丸山古墳よりも大きく、近畿地方最大 規模を有しています。 直径約90メートル、高さ約18メートルの円墳で、2段に築 成されていたと考えられます。 墳頂には東西約36メートル、南北約30メートルの楕円形の 広い平坦面があり、そのやや内側には、円筒埴輪や朝顔形埴輪が 巡り、段築平坦面にも埴輪が列状に並べられていました。 斜面には葺石が見られますが多くは流出していま す。
rps20120102_170344.jpg


また、平坦な墳頂部には二つの埋葬施設があり、第1主体部と第2主体部が並んで います。 調査の結果、墳丘の規模や中心主体の内容がほぼ 判明し、中央政権(ヤマト政権)と強く結びついた 首長の墓であることが確認されています。
 
rps20120102_162229.jpg


【茶すり山古墳】

名称: 茶すり山古

種別: 史跡

都道府県: 兵庫県

市区町村: 朝来郡和田山町

国史跡指定年月日: 2004.02.27(平成16.02.27)

茶すり山古墳は、但馬南部に広がる和田山盆地を望む細い尾根の先端に造営された大型の円墳である。
この地は播磨と但馬をつなぐ交通の要衝で、古代山陰道の郡部 駅の推定地に当たっている。
平成13年度、北近畿豊岡自動車道建設予定地を兵庫県教育委員会が発掘調査を行ったところ、規模が大きく重要な内容をもつ古墳であ ることが判明したため、協議を行い、道路計画を変更し現状保存することとなった。
古墳は長径90m、短径78m、高さ18mを測る二段築成の円墳で、近畿地方では最大、全国でも4番目の規模である。
墳頂平坦面は長径36m、短径27mの 楕円形を呈し、墳丘全体の規模からするとかなり広く、この地域の墳丘形態の特徴を示している。
墳丘は大部分が削り出しによって造られ、斜面の一部には葺き石が 遺存していた。
また、墳頂平坦面及びテラス部からは円筒埴輪や朝顔形埴輪が、墳頂からは家形埴輪等も確認されている。
墳頂平坦面では2基の埋葬施設を検出した。
rps20120102_162519.jpg


中央南寄りにある第1主体部は、墓坑が東西13.7m、南北10.5mで、その中央に長さ8.7mの組合式箱形木 棺が埋設されていた。
棺内は粘土を敷き詰めて棺床とし、さらに小礫を敷き詰めた遺体埋葬部と、粘土敷きのままの副葬品埋納部とに分かれる。
第2主体部は、第1 主体部の北側にあり、東西7.5m、南北3.7mの墓坑内に、長さ4.8mの木棺痕跡が確認されている。
副葬品は非常に豊富で、二つの主体部の副葬品を合わせ ると、青銅鏡4点、勾玉・管玉などの玉類2,000点、武具類では甲冑2組と盾7点、武器類では鉄刀・鉄剣・鉄矛など85点と鉄鏃400点、農工具類では刀子 ・斧・鎌など80点余りに達する。
これらの中で注目されるのは、畿内地域以外では初めての出土となる三角板革綴襟付短甲や一つの棺からの出土数が最多である鉄 矛など、多量の武器・武具類が副葬されたことである。
また、漆の遺存状況が良好であり、刀剣類の装具の構造や盾の文様構成が確認された。さらには、畿内地域を 中心に分布する鉄柄付手斧が出土したことも貴重である。
茶すり山古墳は古墳時代中期前半の近畿地方最大の円墳であり、武器・武具をはじめとする副葬品は豊富である。
墳丘の構築方法などに地域色は認められるものの 、三角板革綴襟付短甲や鉄柄付手斧の出土は畿内地域と密接に関わりがあったことを示し、刀剣類の装具や盾における漆の遺存状況が良好であるなど、傑出した内容 となっている。
茶すり山古墳は古墳時代の社会や政治動向、とりわけ畿内の中央政権と地域の首長の関わりを知る上で重要である。
よって、史跡に指定し、保護を図 ろうとするものである。

rps20120102_162308.jpg

<国指定文化財ベースより>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。