スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有子山城 山名氏最期の居城

rps20111004_211913.jpg
本丸からの素晴らしい展望。



有子山城 【戦国時代の古城】

有子山城(321m) は、城下町出石を眼下に見渡せる素晴らしい戦国時代の古城である。

天正2年(1574年)山名祐豊によって築かれた。
山名氏は此隅山城を 本城としていたが、永禄12年(1569年)山名祐豊の時、羽柴秀吉の第一次但馬征伐によって、それまでの居城であった此隅山城が落城し、祐豊は泉州堺に逃亡し た。
しかし、祐豊は、織田信長に従属することを条件に旧領の但馬を回 復する。
但馬を回復した祐豊は、尼子勝久・山中鹿 之助等とともに毛利氏と武力衝突を繰り返していたが、天正2(157 4)年に織田信長との約定を破り、毛利氏と同盟を結んだ。
天正二年(1574)山名祐豊は、起死回生を狙い巨額の軍資金と残存兵 力を結集して有子山城を築城した。

rps20111004_211510.jpg

天正8年(1580年)織田勢、羽柴秀長を将とした第2次但 馬征伐軍が有子山城を攻撃、山名祐豊は病死。子の氏政は因幡に逃れた。
これにより、但馬山名氏は没落した。
/天正13年(1585年)前野長康が、五万石で出石に入封したが、豊臣秀吉による、関白豊臣秀次の処刑に連座して殺害された。
文禄4年(1595年)播磨国龍野から小出吉政が五万三千石で出石に入封、子吉英が麓に出石城を築城し、有子山城は、廃 城となった。

rps20111004_211320.jpg



rps20111004_212031.jpg

有子城への登城は、出石城跡の稲荷口からの石段を登り切ったところにある城址の碑 が目印となる。
急坂なので、登り応えがある。ハイキングのようで、楽しい。
曲輪・堀切・土橋・石垣など、見応え十分で、素晴らしい古城である。


rps20111004_211544.jpg


rps20111004_211709.jpg

rps20111004_211626.jpg

rps20111004_211825.jpg

主郭周囲には「野面積」の石垣が残されており、実際に戦った城を感じ取れる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。