スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹後八姫 羽衣天女伝説

伊勢神宮外宮にお祀りされる羽衣天女、豊受大神のお話。

伊勢神宮外宮にお祀りされている豊受大神は、丹後の祭神、豊受大神(とようけおおみかみ)の事である。
天照大神が、伊勢神宮に鎮座され、「丹波(古代丹後、丹波、但馬の三国の事)にいる豊受大神を呼びなさい」と、言い、丹後から伊勢神宮に祀られた神が豊受大神である。
古代史を知る上で、大変重要な神であり、日本建国、大和朝廷成立について深い意味を持つ。
尚、伊勢神宮、外宮の神職である 度会家行 が起こした 伊勢神道 では、豊受大神は 天之御中主神 ・国常立神 と同神であっ て、この世に最初に現れた始源神であり、豊受大神を祀る外宮は天照大神の内宮よりも立場、神格が上であるとされている。
つまり、古代において、天皇家の皇祖神より、丹後の神のほうが神格が上とされている。
大和朝廷成立時の丹後の位置づけの重要なキーワードになる。
この事を念頭に入れて読んで下さい。


磯砂山661mの羽衣伝説。


「丹後風土記」(715年)に、 日本最古の羽衣伝説の話がある。これは、豊受大神の話でもある。

「丹後の比治の山(磯砂山(いさなごさん))の頂上に真奈井(まない)という池(女池)がある。
この池に八人の天女が舞い降りて水浴びをしていると、里人の和奈佐という老夫が一人の天女の 衣を隠し、無理に連れて帰ってきた。 一緒に暮らして十年あまり、万病にきくという酒を天女が上手に作り、 和奈佐の家は栄えていっ た。
しかしだんだん天女が邪魔になり、家から追い出した。
天女は泣く泣く荒塩の村(荒山)にたどりつき、のち哭木(なきき)の村(内記)から舟木の里の奈具 の村(弥栄町奈具)に落ち着いた。」 この天女とは豊宇賀能売命(とようがのめのみこと)つまり、豊受大 神(とようけのおおみかみ)のことである。
弥栄町の奈具神社、峰山町の 比沼麻奈為神社(ひぬまないじんじゃ)で祀られる。
その後、伊勢神宮の外宮に移し祀られる事になったが、分霊は残されている。


伊勢神宮外宮の社伝(『止由気宮儀式帳』)では、 雄略天皇 の夢枕に 天照大神 が現 れ、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比沼真奈井(ひぬまの まない)にいる御饌の神、豊受大神(とようけのおおかみ)を近くに呼び寄せな さい」と言われたので、丹波国から伊勢国の度会に遷宮させたとされている。即 ち、元々は丹波(丹後)の神なのである。
※713年、丹波国が分国されて、丹後国となった。それまでの丹波国の中心部は、丹後であった。
峰山に丹波という地名があり、古代の中心部と言われている。


rps20110905_113234.jpg

日本最古の羽衣伝説  丹後風土記  原文

比治の真奈井 奈具の社 (丹後の国の風土記に曰ふ) 丹後の国。 丹波の郡。 郡家の西北の隅の方に比治の里あり。
この里の比治の山の頂に井あり。その名を麻奈井と云ふ。今は既に沼と成 れり。
この井に天つ女八人降り来て浴水む。時に老夫婦あり。その名を和奈佐 老夫・和奈佐老婦と曰ふ。この老らこの井に至り、窃かに天つ女一人の衣 と裳を取蔵しつ。即ち衣と裳あるは皆天に飛び上がり、ただ衣も裳もなき 女娘一人留まりぬ。身を水に隠して独懐愧ぢ居り。 ここに老夫、天つ女に謂りて曰はく「吾に児なし、請はくは天つ女娘、 汝、児とならむや」といふ。天つ女、答へて曰はく「妾独人間に留まり ぬ。何か従はずあらむ。請はくは衣と裳を許したまへ」といふ。老夫、曰 はく「天つ女娘、何にそ欺く心を存てる」といふ。
天つ女、云はく「そ れ、天つ人の志は信を以ちてもととせり。何そ疑ひの心多くして衣と裳を 許さざる」といふ。老夫、答へて曰はく「疑多く信なきは率土の常なり。 故、この心を以ちて許さずあり」といひ遂に許せり。
即ち相副ひて宅に往 き、即ち相住むこと十余歳になりき。
ここに天つ女、善く酒を醸せり。一坏飲めば吉く万の病除かる。その一 坏の直の財、車に積みて送れり。
時にその家豊かにして土形も富みき。 故、土形の里と云ふ。
これ中間より今時に至るまで便ち比治の里と云へ り。 後に老夫婦ら、天つ女に謂りて曰はく「汝は吾が児に非ず、暫く借りて 住めり。宜早く出で去きね」といふ。
ここに天つ女、天を仰ぎて哭慟き、 地に俯して哀吟き、即ち老夫らに謂りて曰はく「妾は私意を以ちて来れる には非らじ。
こは老夫らが願へるなり。何にそ厭悪の心を発し忽に出去之 痛あらむ」といふ。
老夫、増発瞋りて去くことを願ふ。
天つ女涙を流し微門の外に退きぬ。郷人に謂りて曰はく「久しく人間に 沈みしに天にえ還らず。
また親もなき故、由る所知らず。吾や何哉、何 哉」といふ。
涙を拭ひて嗟歎き、天を仰ぎて歌ひて曰ふ、 天の原 振り放け見れば 霞立ち 家路惑ひて 行方知らずも 遂に退り去きて荒塩の村に至りぬ。即ち村人らに謂りて云はく「老夫老 婦の意を思ふに、我が心は荒塩に異なることなし」といふ。仍ち比治の里 なる荒塩の村と云ふ。
また丹波の里なる哭木の村に至り、槻の木に拠りて 哭きき。故、哭木の村と云ふ。
また竹野の郡船木の里なる奈具の村に至りぬ。即ち村人らに謂りて云は く「此処に我が心なぐしく成りぬ。古事に平けく善きことを奈具志と曰 ふ」といふ。乃ちこの村に留まりつ。こは謂ゆる竹野の郡の奈具の社に坐 す豊宇加能売の命そ。


rps20110905_205052.jpg

磯砂山山頂の羽衣天女である。
丹後の羽衣天女は、朝鮮の民族衣装、チョゴリである。
朝鮮半島からの、稲作と酒造りの話のようにも見える。
rps20110905_205131.jpg

磯砂山山頂までの登山口は、峰山町鱒留側からと
大宮町常吉からとがあるが、どちらからも約1000段の階段を登る。
rps20110905_205343.jpg


rps20110905_205301.jpg




rps20110905_205231.jpg
磯砂山の近くに、天女が水浴びした女池がある。
神秘的な沼で、正に天女の池といえる。


rps20110905_205004.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。