スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女神社と天女の里

丹後には、日本最古の羽衣伝説がある。
《丹後風土記》の羽衣伝説と、ここに紹介する伝説。。
まずは峰山町大路の羽衣伝説です。

GRP_0375.jpg

乙女神社



御祭神: 本社 豊宇賀能賣神(とようかのめのかみ)
末社 八柱神社 豊受大神(とようけのおおかみ) 御伴神(おともがみ) 吉野神社 大山祇神(おおやまつみのかみ) 火産霊命(ほむすびのみこと)

由緒等: むかし、比治の里に三右衛門(さんねも)という狩人が住んでいました。 ある日、三右衛門はいさなご山の頂の池で水浴する八人の天女を見かけ、その羽衣の一つをかく しました。 三右衛門は羽衣を隠された天女を連れて帰って妻とし三人の娘をもうけました。 天女は農業や養蚕、機織り、酒づくりが上手で、この家はもとより比治の里はたいそう豊かにな りました。 しかし、天恋しさにたえかねた天女は、三右衛門の留守に娘たちからかくし場所を聞き出し、 大黒柱の穴にあった羽衣を身につけると、外からかけ戻った三右衛門「七日七日に会いましょう。 」と再開を約して大空に舞い上がっていきました。 乙女神社は、天女の娘の一人が祀られており、御参りすると美女が授かると言われています。 ≪案内板「羽衣伝説と乙女神社」より≫

《中郡誌稿》

乙女神社 (丹哥府志)乙女大明神、風土記に所謂天女八人の一なり (五箇村誌草稿)乙女神社、大路、田畑(たなばた)神の姉天女八人の内の一人 熊野郡より来る内殿は名工岡田藤四郎の作なり (五箇村誌草稿)岡田藤四郎氏 大路の名工乙女神社の奥殿を作る結構緻密行 人の此社を過ぐるもの皆之を賞すといふ死後家に社殿の雛形を見る今ありや なしや五箇校の成るや六ケ敷合せ口など皆氏の力によるといふ

GRP_0376.jpg

遠くに見えるのが磯砂山(いさなごさん)
GRP_0374.jpg

羽衣天女

伝承地 峰山町大路

昔む かし、 大呂に 三ネモ という 若い猟 師がい た。あ る夏の 暑い日に、足占山(磯砂山)に登った。その頂 上付近には池があって、その近くの木の枝に、 見たこともない、きれいな着物がかけてあっ た。三ネモは正直者で、他人の物など盗んだこ とはなかったが、あまりきれいなので、持って 帰りたくなった。そこで、手で取るのは悪いと 思い、鉄砲の先に引っかかったようにして取 り、大急ぎでわが家に帰って、その着物を隠し た。 その池で泳いでいたのは天女であったが、水 から上がって着物を着ようとすると、着物がな かった。そこで、三ネモを調べてみようと思っ て、きれいな娘に化け、彼の家にやって来て、 「家に置いてくれ」と頼んだ。三ネモは一人暮 らしてあったし、きれいな娘でもあったので、 彼女を家に置くことにし、嫁になってもらっ た。天女は家の中を調べてみたが、羽衣は見当 らない。そのうちに子供ができて、三歳にも なった。 ある日、天女が子 供に「お父さんは毎朝 どこを拝んでいるの か」と尋ねると、子供 は床の柱だと教えた。 そこで、天女は、三ネ モが出かけた後で床の柱をよく調べてみると、 柱の下のところに埋め木がしてあった。不審に 思い、それを外してみると、中には羽衣が入れ られていた。天女は、これさえあれば天に帰れ る、と喜んで「もしわたしに会いたいなら、千 荷の堆肥の上にこの種を播き、蔓が伸びたら、 それを伝って来てほしい」と書き置きをして、 羽衣を着て天に帰っていった。 仕事から帰ってきた三ネモは、天女だったら なおのこと別れてなるものか、と、村人たちに 頼んで千荷の堆肥を積み重ね、天女が残した種 を播いた。すると、ほどなく芽が出て伸びてゆ き、雲よりも高くなった。そこで、三ネモがそ の蔓を何日も何日も上って行くと、とうとう天 上に着き、天人たちに迎えられた。彼は、「瓜 畑の番をしてほしい。しかし、いく ら瓜が赤くなっても食べてはいけない」と言わ れ、毎日瓜の番をしていた。すると、たく さんの瓜があまりにおいしそうに成っているの で、彼がとって食べていたら、にわかに大 洪水が起こって流されてしまった。それを見 て、天女は「七日、七日に会おう」と叫んだ が、悪魔が「七月七日に会おう」と取り次い だ。 それ以来、天女は、年に一度、七月七日の夜 に三ネモと会うことになった。また、三ネモの 流された川は、天の川として、今も天に残って いる。大呂の家には、残された子供の子孫が今 も続いている。 (『丹後の民話』第二集)

この子孫のお宅は今でも続いており、
大呂の安達家で、安達家の家紋は、丸に七夕という、珍しい家紋だそうです。

GRP_0383.jpg


GRP_0369.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。