スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊久知城(幾地城)の調査 1 石川五右衛門伝説の城

rps20110902_172529.jpg
上の写真は、山頂本丸?からの大江山

伊久知城(幾地城)

・場所 与謝野町幾地城山
・築城 不明、1500年頃と言われている。 ・落城 天正10年10月1日(1582年)
・標高 110m ・占地 山頂
・城主 石川氏、のち坂根氏 ・遺構 曲輪、帯曲輪、切岸、堀切、大手道、虎口

下の写真は、幾地集落からの登山口。
そのまま真っ直ぐに直進する道が大手道である。
rps20110902_131539.jpg
伊久知城跡は、与謝野町幾地の北方にある城山に位置する。 臨済宗養源院の斜め裏になる。

城主は、郷土史によると、丹後一色氏の被官、「国の奉行」石川直経の嫡統系の石川氏である。 (石河氏とも書く)

天正期における城主は、《一色軍記》《丹後旧事記》《丹州三家物語》などによると、石川左衛門 慰秀門、赤井五郎となどの名前が見えるが、丹後の石川氏について、《 丹後国田数帳》に石川中務 の名前があるので、こちらとも関係があるかもしれない。 《百鳥講古文書》《坂根家古文書》によると、石川左衛門とある。

幾地、隣接する四辻地区は、古来より加悦谷地区の重要な要所であり、戦国時代、 但馬国との国境 でもあることから、加悦谷一帯を支配する石川氏一族の重要な城である。
石川氏については、「丹後の戦国時代」に詳しくかきました。

主郭部分には、稲荷神社が祀られている。
山城によく見られる光景である。
rps20110902_142336.jpg

rps20110902_163421.jpg

約400坪ある城郭は、中規模ながら、西尾根側に曲輪が連結状に広がり、下の城下町に向かう二本の南東、南西の尾根筋にも 大小の曲輪が連結されている。 幾地は元々小さな集落と思っていたが、府史跡の中世地蔵山遺跡などもあり、 意外と発展していた のかもしれない。 加悦谷地域には、石川一族の城として、石川城、安良山城、亀山城、金屋城、滝城などがあった。 幾地城も、出城ながらこれだけの城郭が築けたのは、《国の奉行》石川氏の勢力の大きさ充分が 窺えるものである。

rps20110902_131827.jpg
大手道は、手入れがしていないため、かなり荒れてはいるが、
まだしっかりとのこっていた。
暫く登れば、右手に三連結された曲輪がある。

rps20110902_131915.jpg
曲輪は、倒木などでかなり荒れている。
今回紹介するのは、南東側の三連曲輪である。
rps20110902_132208.jpg
有名な細川幽斉、忠興による一色義俊謀殺事件により、石川左衛門、坂根伊津紀(斎)も同じ運命の道を 辿る。 石川氏家臣坂根道秀(二代目斎)が城主となっていたが、1582年(天正十年十月一日)、 細川 軍により攻められ落城したと伝わる。 城跡には城山主郭付近に幾浦稲荷が祀られている。 山城にある稲荷神社の場合、単なる農耕神ではなく、守護神として祀られていた可能性が高い。

機会を見て、伊久知城(幾地城)はもう少し調査を進めていく。

rps20110902_152018.jpg
曲輪から少し左側に登ると、稲荷神社の鳥居が見える。
この辺りが虎口である。
次回は、主郭から二の丸、三の丸、南西側の曲輪を調査したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。