スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川五右衛門丹後幾地説4

幾地説


戦国時代、一色氏家臣として支えた坂根家古文書
これだけでなく、同じ坂根家一族にも、同じような史料や古文書が存在する。
はっきりと書かれた五良左衛門の存在…。

※伝説は伝説であり、史実と異なるのかもしれない。しかし、何も無ければ伝説は始まらない。歴史家の先生とお話ししていると、ロマンを求めてお話しされるタイプと、「これはこうだからそうでは無い」と、徹底的に追求するタイプの方がいるようです。先日、伴とし子さんの講演会に行ったが、古代丹後王国の研究と限りないロマン溢れる講演に感激した。郷土の伝説は、可能性のある限り、ロマンを残しつつ調査したい。
何事においても否定的な人とは、話をしても、つまらない。
日本神話やおとぎ話が、何故面白いのか。…創られた中に、真実も隠されていて、なかなか答えの出ない推理ができるからだ。歴史は面白い。特に丹後は。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。