スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠山荒神 元伊勢参詣第七番

[笠山荒神社] :かさやま、笠山三宝荒神、。

住所:桜井市笠笠山(鷲峯山じゅぶさん)。

祭神:土祖神、興津彦神、興津姫神。 本殿:。 千木:。神紋:。

場所:巻向駅あたりより東へ。きつい登りあり。

由緒,伝承:笠縫の邑の伝説地、加佐の郷。

笠縫邑伝承地七番目の参詣は、笠山荒神である。
ここは笠そばの産地としても有名である。
三輪山を見ながら峠を上るが、自転車では結構きつい。
元伊勢伝承地とはいうものの、根拠にしているもののか解らず、元伊勢の雰囲気ではないように感じた。
笠山そばの産地であり、美味しいそばはお薦め。


笠山三宝荒神は、3千年の昔より笠山の鷲ヶ峯に奉祀て、7袖7 谷の峯谷(ぶこく)を神躰山として、人々は入山することなく、千古の昔よりの大木が生茂る。 山之辺道に散在する社寺の三宝を守る神、すなわち奥の院として栄える。

聖武天皇、東大寺大仏建立の時、土木工事で役夫百数十人の死傷者があり伽藍の建立不可能となり、良弁 (ろべん)僧正 正勅を受け笠山に登る。良弁、七夜の祈誓を行い南都に帰る、日本全土の女人より 髪毛ひとにぎりの奇進を受け、以って大綱をつくり大仏殿の上棟を無事成したという。

参拝日、7月8日。
笠山荒神で気になるのが、笠の文字である。笠は、加佐であり、丹後では笠をウケと読む。笠が加佐郡になった丹後の笠氏とも大いに関係が・・・。



長い参道は、歴史を感じる。

rps20110805_201559.jpgrps20110805_201155.jpg


笠蕎麦処からすぐに長い参道がある。日本第一の荒神さん。
rps20110805_201513.jpg

神社というより、寺院のような拝殿。


rps20110805_201424.jpg

裏参道はここから。山中にあり、山伏になった気分である。


rps20110805_201255.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。