スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川五右衛門丹後説2

◎野田川町 史


近世文化と野田川町 安土桃山時代 織 田 政 権 と 石川五右衛門丹後説

応仁の乱後、約一世紀にわたる全国的な争乱は、 各地方における強力な大 名の出現により、割拠の体制を示したが、やがてその間から次第に統一の機 運が高まった。
一五七五年(天正三)になると、織田信長は、 明智光秀を起 用して丹波の経営に当らせ、同年一月丹波国の領主を命じている。ところ が、当時丹波には、赤井直政(荻野悪右衛門ともいう。)が、 同国の水上郡 黒井城に居ったので、光秀の丹波攻略は容易でなかった。

やがて、一五七九年(天正七)五月、信長は家臣である羽柴秀長、 丹羽長 秀に光秀の応援を命じたので、ここに、丹波国を平定することができた。
一 方、丹後国は、一色義通が、一五五八年(永禄元)、領主となって、 将軍足 利義昭に仕えていた。義昭は、信長の援助により将軍職に就くことができた ので、当初両者の間柄は父子に準ずべきものであった。しかるに、 義昭は、 信長の勢力の強大になることを恐れ、ひそかにその暗殺を企てた。
このこと を知った信長は、一五七三年(天正元)、ただちに義昭を京都から追放し、 室町幕府はここに滅亡した。しかるに、一色義通は、 足利氏の重臣であった が、一五七五年(天正三)、信長に従い、丹後国はそのまま一色氏に与えら れた。義通は、無道な行状が多かったので、信長は、 ただちに細川藤孝に命 じて丹後国を攻撃させた。
これすなわち、一五七八年(天正六)四月のこと で、藤孝は、その子忠興、興元らとともに、十月丹後国に入って、翌十一 月、宮津八幡山に出陣、一色氏と戦った。一色、細川両氏は、 応仁の大乱後 ふたたび相まみえたのである。かくて、この戦いは、細川氏の敗退となっ た。藤孝は、光秀に請い、与謝郡日置城主松井四郎右衛門 との政 策結婚を思い立ち、わが女を松井氏に与えて味方に引き入れた。
やがて、加 悦城主の有吉氏も細川方に加わった。
この情勢からして、一色氏は、翌一五 七九年(天正七)一月に、加佐郡建部山城 を出て、同郡東雲の中山城に入った。城主沼田幸兵衛は、 こ のことを細川方に内通した。
藤孝は、急いで十七部将に命じて中山城を攻撃 させた。
一色方は、大江越中守(三重城)を初め、金谷伊豆守(石川城)、 石川左衛門尉秀門(幾地城)、赤井五良(四辻城)、塩見(垣見) 筑前守 (山田城)など十三部将が奮戦した。
戦は、三月におよんだので、城主沼 田幸兵衛は、城内に火をつけ細川方に味方した。
一色方は戦敗れ義通は 由良川の畔で従者と共に自匁した。義通の子義俊は、危難を免がれ、与謝郡 弓木城に退いた。城主稲富伊賀守は、「砲術」を究めていたので、 ここを一 色氏の根拠と定め諸将を統卒した。

その後、細川氏は、丹後攻略に関して明智光秀に今後の策を請い、 やが て、丹後二分の方針が定められた。
すなわち、一色氏には、中、竹野、熊野 の三郡を領有させ、細川氏には与謝、加佐の二郡が与えられ、たがいに織田 信長に従うようにした。時に一五七八年(天正八)七月、細川忠興は、 信 長より丹後十二万石を与えられ、翌八月に、父藤孝と共に官津城(陣館式) に移り、翌一五七一年(天正九)三月、丹後国の所領を検地した。
一色、 細 川両氏の和議が成立したのは、この年の五月に、藤孝の娘伊也を一色義俊に 嫁したことにある。かくて、丹後の八十五名の諸将は、それぞれ、細川の本 城田辺(藤孝の築城)と一色の居城弓木に勤めた。やがて、一五八二年( 天 正一〇)一月(一色軍記による)に、忠興は、義俊に対し兄弟の提携を田辺 において祝することを考え、義俊の返事を待った。義俊は、ただちに奥三部 の諸将に報じ、弓木在城の地侍、大江越中守、垣見(塩見)築前守、 荻野悪 右衛門(赤井直政)、赤井五郎、同平治、石川左衛門尉秀門、同文吾、同五 良左衛門、金谷伊豆守詮元その他の武将と評議し、 田辺城に出向くことを決 した。従う者は、石川左衛門尉、同文吾、金谷伊豆守その他であった。とこ ろで、田辺城に入った先の沼田幸兵衛と石川左衛門尉、 金谷伊豆守とは対談 したが、やがて争論となった。

かくして、沼田幸兵衛は、石川左衛門の右肩を切りつけ、 他方義俊も、忠 興に謀殺されたのである(細川家記録には九月八日)。
金谷伊豆守、石川文 吾は、急ぎ弓木城へ馳せ、一色氏の危機を報じた。
伊豆守は、 与謝郡石川城 へ籠り、文吾は、弓木にて義俊の叔父中郡古原城主一色義清を迎えた.( 一 色義俊の謀殺時、石川左衛門尉の家臣坂根斎も討死する。)かくて、一色、 細川の大激戦となった。田辺城の細川藤孝は、その子興元、松井四郎右衛 門、有吉将監を陣将として出陣させ、三方より一色氏の包囲を行なった。
す なわち、温江、石川の城をはじめ、一色氏の諸城はほとんど落城し、 石川城 主金谷伊豆守は、加悦城の有吉将監、三河内山城の有吉玄蕃頭のために、 一族一五三名と共に切腹し果てた(石川の金谷三良左衛門氏宅に、 金谷氏系 図並びに一色義俊の位牌がある。前一色賞雲源忠大禅定門、大正拾壬午九月 八日)。五月に、細川方の攻撃は強まってきた。このとき、 弓木に籠城して いた一色義清は、細川の本陣に突入、途中官津大手川付近で切腹し、一色氏 は滅んだのである。一色氏が、丹後国を支配してより約二四〇年という( 細 川家記録九月二十八日)。

弓木城落ちてより、一色氏の家臣は、細川氏に従うものが多く、 石川亀山 城主石川悪四郎、幾地城主坂根道秀(石川文告が弓木城で九月二十八日戦死 後、その家臣坂根氏城主となる。)、幾地別城主赤井五郎時綱( 後安田貫助 と改める。)などがあった。かくして、細川氏は、丹後国を領有することに なり、藤孝は田辺城に、忠興は官津城に居を構え、興元は吉原城(峰山と改 める)に、松井四良右衛門(佐渡守)は久美浜の陣代とし、有吉将監( 武蔵 守)は加悦谷の陣代に、有吉四良右衛門(玄蓄頭)は加佐郡中山城主に任ぜ られた。かくて、この年十月、丹後国全土は細川氏の支配となった。    

※昭和40年代に発刊された野田川町史である。当時のこの記事は、「一色軍記」が元になっているようなので、脚色された部分や、間違いも多い。しかし、日本書紀、古事記をはじめ、古来から伝わる伝記ものは、それはそれでミステリーを生み、良いのではないか。すべて正しい文献事態、探すのに無理がある。史実と伝説は異なる事もある。時代が変われば、調査も進み、新たな発見もある。一色氏の謀殺事件は、九月八日、宮津城米田屋敷と思われる。



◎石川五右衛門の出生地考

――丹後説を裏づける坂根家系図から――

″石川や浜の真砂は……のあの大盗賊石川五右衛門が文禄三年( 一五九五年) 八月二十四日、京の三条河原で釜煎りの成敗にあったという。 ところで五右 衛門の実在性については、種々云われているが、「言経卿記」(山科言経日 記)「続本朝通鑑」「歴朝要紀」のほか、江戸時代の読本や黄表紙といった 資料に記されているので、その実在性は疑えない。問題は石川五右衛間の出 生地である。太田亮著の「姓氏家系大辞典」の石川氏の項に、“ 伊賀の平姓石 川氏で川合一族中にて平信兼の末裔なり、丸の内に梶の葉(註家紋)、 大盗 石川五右衛門は丹後の石川氏とも伊賀者忍者より出づとも云う”とある。五右 衛門は遠州浜松の出身だとの俗説もあるが、これはおそらく浄瑠璃作者並木 宗輔の「釜渕双級(ふたつ )巴(ともえ)」などの創作による影響であろう。 これは浜松 の大名大野家の家臣真田蔵之進幸貫がお家騒動で悪人の迫害を受け河内にの がれて石川五右衛門と名のり、盗賊をはたらくという筋書である。創作のこ とだし、出身地についての信頼性はまずないと云える。

五右衛門の出身地は「姓氏家系大辞典」 にもあるとおり丹後か伊賀に落付 くと思うが、いかなることか伊賀説が支配的である。 これは小説などの影響 が大きく反映しているのであろう。
壇一雄の小説「真説石川五右衛門」や、 故上司(かみつかさ )小剣氏の「石川五右衛門の生立」 にしても伊賀の生まれとして 描かれている。 “幼名文吾、父は由緒ある武士石川左衛門の後裔で先祖代々 伊賀の郷士であったが、だんだん家が衰えて多くあった山林田畑も売り払 い、その日の米や塩にも困るよぅになった”とか“ 忍び足の法がこんなにまで 人に気付かれないで、役に立つものかということは文吾自身にさえ驚かれる 思いであった”(石川五右衛門の生立)と書かれている。 なるほど小説や芝居 では伊賀者に仕立てたほうが、面白いに違いない。 しかし五右衛門は本当に 生えぬきの伊賀者だったのだろうか。この町の老人たちは幼いころに″ 天下の 大盗賊石川五右衛門はこの土地の出じゃ″という話を聞かないで育ったものは なかった。

かくして五右衛門の出生資料を徹底的に集めることになり、 やがて、いく つかの資料のうち「坂根家系図」が最も有力なものであった。 これは大阪市 内で洋服商を営む坂根久二氏の所蔵で、久二氏は坂根家十五代目といわれ る。この系図の初代に坂根斎という人物がおり、 丹後国伊久知城主石川左衛 門尉秀門の娘菊寿を妻としていた。「 細川軍談」「一色軍記」 などで知られ る細川氏と一色氏との争いは天正十年(一五八二年)に至って頂点に達し、 一色義俊は細川氏の居城田辺城(舞鶴)で家臣の武将二十余人と共に謀殺さ れた。この家巨の中には石川左衛門尉秀門もおり、 この後に続く弓木城の戦 いで、左衛門尉の長男文書秀澄も討死した。小説「石川五右衛門の生立」 に 出てくる文吾は、この秀澄ではないだろうか

かくて一色氏の丹後支配二百四十年の歴史は、 こうして細川氏のため終止 符を打たれたのであった。それと共に石川氏は伊久知城もろともに解体され たのである。このようなことを予想していたのか、 左衛門尉は娘菊寿を随一 の家臣坂根斎に嫁がせていた。ところでここに問題なのは、 坂根家系図に左 衛門尉の二男としてはっきり記されている五良左衛門なる人物の「その後」で ある。伊久知城落城の際は二十四才のはずで、 落城の前に行方をくらまして いる。ここで五良左衛門を大盗賊石川五右衛門と同一人物とみるわけだが、 実 のところ、どのような足跡で三条河原で成敗となったか、ただ一色氏の守護 代として伊勢にも石川家があったというから、或いは父、兄らの無念を晴ら そうと青年五良左衛門が、その石川家を頼っていき、 伊賀に入って忍者修業を したのだと考えられないだろうか。この町の古老たちは、これが最も自然 で、したがって事実に相違ないと信じている。
かくして五良衛門が行方をく らましていたのは、もはや丹後で、石川姓を名のることすら許されぬ厳しい 残党狩りを恐れたからというだけではない。親、兄弟、 主家の仇を討とうと 悲願をいだいて幾地を飛び出した五良左衛門であったと考えてよいであろ う。

石川家・坂根家系図

大和国高市郡石川村出身石川次郎秀廉………秀吉―左衛門尉秀門―(秀澄、菊寿、五良左衛門)
(坂根斎、妻菊寿)―道秀―道賀―勇寛―治兵衛―喜平太―市助―七兵衛―又四郎―平左衛門―安五郎―安五郎―安五郎―安五郎―続く。(同名は襲名による)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。