スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青玉神社(兵庫県多可郡加美区)

青玉神社
 兵庫県多可郡加美区に鎮座する青玉神社をお祀りしてきました。

青玉神社は、天戸間見命と大歳御祖命を祀っています。創立は不明。最初、三国岳の頂上に鎮座し、後に山麓に近い現在の地に移されたそうです。
巨木に囲まれた美しい杉林の中に鎮座し、拝殿付近の杉は、樹齢1000年という巨木で、県指定天然記念物となっております。
この辺りは、鉄の神である天目一箇神をお祀りする神社が数多くあります。
元々、鉱山やタタラ、鍛冶工房が沢山あったに違い無く、
道の駅でそんな話をおばちゃんに話かけた所、黒山の人だかりとまではいかないが、多くの人に囲まれ、天目一箇神の話をする羽目になってしまいました。。。
多々良、丹治、鍛冶屋などの地名も残り、近くには生野銀山があり、正にこの神様が鎮座するのは当然の事でしょう。

一説では、この神社を天目一箇神社であるともいい、天戸間見命とは天目一箇神の別名で、青玉というのは、命が神木にお触れになったところ片眼を失明されて青色になったことから、青玉と呼ばれるようになった伝承があります。

記紀によると、天目一箇神(天津麻良=アマツマラ)は、天照大神が、天岩戸に隠れた時、刀、斧など、大神を慰める器を作った神で、金工、製鉄、鍛冶の祖神とする。

天目一箇神は、一つ目のマラ神という事で、この神を祖とする氏族について、『新撰姓氏録』では、葦田首、菅田首などが出てきます。

多可郡には、天目一箇神社が鎮座し隣接する但馬国気多郡にも式内社、葦田神社があり、祭神は天目一箇神です。鎮座地を愛痛山『あしいた山』、御祭神は、愛痛大明神『あしいた大明神』と呼ばれたそうです。

澤潔氏によると、愛痛は本来、足痛で、製鉄のタタラを踏む人々の職業病である足痛と結びつくとされています。あしいた→あしいだ→あしだ→芦田(足立、安達さんも同じ)また『青銅の神の足跡』によると、タタラの炎の色を見つめ過ぎた為、一眼を損じたタタラ師の神格化が天目一箇神とし、たたら炉の色を見つめ過ぎ、眼を悪くし、歳を取ると、片方の目がダメになるという。

よって、足痛、目を悪くするなど、金属精錬に携わる人の持病を上げています。

足痛(葦痛)→足味田→足田(葦田、芦田)とし、足立姓(安達)は芦田姓の一族としています。

足立=職業病として、足の立たなくなった者。

京都府丹後峰山町に鎮座する藤社神社の境内社にも、天目一社があり、海人の羽衣伝説に登場する七夕伝説の子孫、安達家(足立家)も、芦田の転だろうとの説があります。

安達家は、峰山町大呂にあり、大呂は、大きな溶鉱炉から来ていると考えられるそうです。

姓氏苗字辞典によると、足立、安達姓は同じ氏族とし、

アダチとは、河岸、芦の生い茂る土地、日当たりのよい場所の意味があり、足立、安達などの漢字を用いる。

武蔵の足立氏は武蔵国の足立郡発祥の武蔵国造の末で、平将門の時に登場する武蔵郡司武芝の子孫。後に源氏に属し、源平時代の足立遠基が足立郡の地頭職、その子、遠光が丹波国氷上郡佐治郷を与えられ、栄えた。

足立遠政の時、明智光秀により滅亡したが、子孫は今も青垣、福知山、氷上に多いとあります。

芦田姓については播磨に赤松氏族、丹波の豪族は、信濃井上氏族とあり、赤松氏といえば、元は播磨の製鉄民ですね。
民族(ここでは製鉄民)の神は伝承するいい例だと思います。
大歳神については、申し上げるまでも無く、稲荷神(農耕の神)の兄弟神であり、五穀豊穣の穀物の神であります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。