スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与謝の金剛禅寺の伝承

金剛寺の由来
(与謝野町与謝)
赤石ケ嶽の中腹に根本寺なる大寺があり、この寺が焼失の時、僧侶が牛に乗り大江山から下りて金剛寺を開いたという。小字〃牛のつめ〃という地名がある。

一本の松 
与謝の金剛寺にある松で、江戸期、当寺の住持が加悦へ嫁にきた中郡峰山の女を離縁させようとした。
 女は離縁するなら、寺を焼くか、私を連れて逃げるかの何れかという。住持は寺を焼くことはできず、寺の裏から奥滝の大田和の方へ連れて逃がした。途中住持は、小字三年坊で、刀を抜き女を驚かしたが、女はその刃をつかみ反抗した。
 住持は刀を引き鞘におさめようとしたが、この時女の指が切れ落ちた。住持は驚きの余り、気が狂い、刀で女の腹を刺した。その女の死体を付近の谷に落し、男松を一本切って帰り、これを境内に植えた。

宝積山金剛寺  与謝小字北
 一四〇三年(応永十年)天田郡天寧寺の元哉和尚によって開山され、一五七三~一五九二年(天正年間)兵火にかかり、一八四二年(天保十三年)二月に再建した。
本尊は地蔵菩薩像で、藤原末期の作であり、加悦町では最も古い仏像である。本尊は赤石ケ嶽にあった根本寺から移したものと伝えられている。文化年間のものといわれる地蔵菩薩縁起がある。境内に砂野家寄進の観音堂があり、境外仏堂として、与謝小字出口の観音堂に観音菩薩を祭り、小字阿弥陀堂に阿弥陀堂がある。)525(金剛寺の由来 赤石ヶ獄の中腹に根本寺なる大寺があり、この寺が焼失の時、僧侶が牛に乗り大江山から下りて金剛寺を開いたという。小字〝牛のつめ〝という地名がある。
スポンサーサイト
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。