スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加悦奥の一の宮さん

えっ!丹後一の宮籠神社の元宮???
与謝野町加悦奥の一の宮神社を参拝。
延喜式による山陰道唯一の官幣大社、丹後一の宮籠神社は大化改新後、彦火火出見命を祀り、与謝宮を籠神社としました。養老三年(719年)に久美浜から赴任にた海部氏が籠神社の神官となり、彦火明命(彦火火出見命の兄弟神)を主祭神とし、天照大神、豊受大神を相殿に祀った。その後、海神、天水分神も併せて祀った。
しかし何故、籠神社の主祭神を彦火火出見命から彦火明命に替える必要があったのだろうか?
ここに古代丹後の大きな秘密が隠されていると思う。
与謝野町加悦奥に鎮座する一の宮神社は、養老三年までの籠神社と同じ彦火火出見命と天水分神をずっとお祀りし、また祭礼の時は、ここ一の宮神社から天橋立府中まで、神輿が巡行した。
《加悦町誌》
一宮神社 加悦奥小字新田
 彦火々出見命、天水分命(水の神)、級長津彦命(風の神)の三神を祭る。社殿は江戸期一六八○年(延宝八年)と一七二八年(享保十三年)に建造されその後、一八七九年(明治十二年)境内末社の宮森の祠を合併し、一八八○年(明治十三年)改築された。
社前に小池があり、いかなる旱天にも枯れなかったと伝えられ、日照りで水田の水が枯れた時、氏子が池の清掃を行い雨ごいをした。文明年中(一五世紀中頃)府中まで、神輿の渡御があったといい、その創建はよほど古いものと考えられる。
籠神社が丹後の国、与謝郡の一の宮に対し、この社は謁叡郷の一の宮であったともいう。天水分命が籠神社と当社に祭られ江戸期に神輿が府中まで渡御したことから当社が籠神社の元宮だと里人がいい伝えている。

みこし田 加悦奥の一宮神社の近くの有熊にみこし田という名の田がある。府中一宮神社(籠神社)の奥の院がこの宮と称し、府中との間に一週間の祭礼があり、神輿が休んだ石が田の中にあった。この〝みこし田〝を耕作すると災難(たたり)に会うので、今だにつくらない。 (この石を石屋が割った際、その女房が腹痛をおこし、また、〝みこし田〝の草取りをして眼に草がささる等のことがあったという。
《与謝郡誌》
一宮神社
 加悦町字加悦奥小字新田、村社、祭神彦火々出見命、水分命、交明年中には神輿殿御ありしと伝ふ。社前に池あり旱天に減ぜずとて農民崇敬す、明治六年村社に列せらる。境内末社に宮森神社あり志那津彦命を祭りしも祠殿廃壊し明治十二年二月本社に合併す、氏子七十戸、例祭同上。

http://zarameya.blog.fc2.com/blog-entry-145.html?sp

http://zarameya.blog.fc2.com/blog-entry-142.html?sp

http://zarameya.blog.fc2.com/blog-entry-141.html?sp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。