スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 元出雲 亀岡の出雲大神宮


丹波一の宮、格式高い名神大社出雲大神宮は本当に【元出雲】なのか?

出雲大神宮は、別称として「元出雲」・「千年宮」古くは「大八洲国国祖神社」と称されたともいう古社。

20141109090841fd2.jpg

【え??亀岡って、丹波元??元出雲??】

太古の亀岡盆地は水を一面に湛えた丹の湖(亀岡湖)で、いつも赤い波(丹波)が立っていた。これが「丹波」の名のもとになったという伝承があるそうだが。。。(一般的に、丹波とは、京丹後市峰山町丹波をいいます。)

【元出雲 出雲大神宮】
主祭神
大国主命
三穂津姫尊
亀岡市東部に立つ御蔭山の山麓に鎮座し、御蔭山を御神体として祀る神社です。

社伝によると「元出雲」の別称は、出雲大社が当社からの分霊とし、こちらが出雲の本家としています。

『出雲国の出雲大社は明治に至るまで「杵築大社」を称していたため、「出雲神社」と言えば当社を指していた』

社伝では、祭神の大国主命についても、出雲大社の方が当社より勧請を受けたとし、「元出雲」の通称としています。

『丹波国風土記逸文』に「元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」の記述があると、社伝で主張するが、そのような逸文は存在するのだろうか?しかしながら、境内にある「国幣中社 出雲神社」の社名標は出雲大社の元宮司・千家尊福氏が書かれており、不思議な神社であります。


20141109090839be5.jpg


そこで。。。亀岡にある出雲大神宮より古い神社を調査しました。

【鍬山神社由緒】

祭神 大己貴、応神天皇

古代、亀岡の盆地が泥地の泥湖であった頃、出雲大神が、八神と黒柄山に神集いされて一隻の船に乗り、一肥の鍬を持って浮田の山峡を切り拓き、湖水を干拓して肥殀な農地とした。

里人はこの神の徳をたたえ、また使った鍬が山積したことにより、鍬山神社としてお祀りしたのが、当社の始まりである。和銅二年(709)に社殿がはじめて建てられた。

『故郷鎮守の森・亀岡神社誌より』

【請田神社】

主祭神 大山咋神、市杵島姫命(何と、松尾大社と同じである)

大山咋神は丹波地方を開拓する為、出雲地方から来られた神といわれ、当社及び川向こうの桑田神社のある保津川入口から開拓を始めたと伝える。この開拓着工の鍬入れを受けたので、社名を『請田』と呼ぶようになったという。別名『浮田神社』とも呼ばれ、「浮いて田んぼが出来た」 つまり、湖水が干拓して農地をつくった神様で、保津で行われる「保津の火祭り」は、この伝説から由来しているといわれています。

亀岡の古代史
 太古の昔、出雲の神「大国主命」は丹波に来られると、亀岡湖が一望できる山頂に上った。そしてこの地方を治めていた八柱の神々を樫田村の黒柄岳に集めて「この山々を切り開き、湖水を山背(やましろ)へ流して新しい国を造ろうではないか」と相談された。その時に相談を受けた請田神社が工事費を受け持ち、樫船神社が造った樫舟に乗って鍬山神社が鍬で拓き、餅籠神社(もちかご)が籠で土砂を運んだ。
そうするとこの地域は、豊かな農地に変わり、国は豊かになった。

1.桂川の歴史
 "その昔、保津峡上流域は大きな湖であったといわれ、丹波に来た大国主命は、この地の神様と力を合わせ保津の山を切り開き、豊かな土地を生み出したと言われています。"



 桂川の保津峡上流域の亀岡盆地は、その昔、大きな湖であったといわれています。湖の水は赤い色をしており、これが丹波(赤い波の意)の名の起源と言われています。
丹波に来た大国主命は、この地方の請田(ウケタ)神社、鍬山(クワヤマ)神社、持籠(モチカゴ)神社と相談し、保津の山を切り開いて水を京都盆地の方に流したと言われています。その際、鍬山神社はクワで掘り、持籠神社はカゴで土砂を運び、請田神社はその費用を請け負ったと言われ、これにより、豊かな土地が生まれたと言われています。 【国土交通相HP】

※出雲国風土記(733年)を見ると、出雲国の中には九つの郡があり、その中に出雲郷があります。
国名の由来は、『八束水臣津野命の言葉に、八雲立つ出雲とあり、また、須佐男命が『八雲立つ出雲八重垣』とうたわれたと古事記にもあります。
つまり、古事記以前から、島根県出雲に出雲はあったことになります。
※結論 以上の言い伝え、神社の社伝により、亀岡は、出雲から来た秦氏などの朝鮮系渡来人が開拓した土地で、そこに出雲の神をお祀りした。

出雲の原郷は出雲国の出雲であり、出雲の人々により、亀岡が開拓され、当地に出雲の神をお祀し、出雲の社を建立した。それが亀岡(亀山)です。

社伝による元出雲は、個人の判断にお任せ致します。

20141109090837f51.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。