スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元伊勢籠神社と日向のご祭神は同一神!

【日向の神と元伊勢籠神社の神は同じ??】
元伊勢籠神社のご祭神は、彦火明命(天日明命)となっています。
しかし、社伝によると養老元年(717年)までのご祭神は、彦火火出見命とあり、日向二ノ宮都萬神社と同じ、山幸彦です。
籠神社は、国宝系図で有名な海部氏が宮司を勤められていますが、それまでのご祭神が彦火火出見命となると、日下部氏の可能性が出てきます。
721年、熊野郡から来られた海部氏第二十八世の兄弟千嶋、千足、千成がそれぞれ与謝郡、天田郡、加佐郡の国造に任命されます。
その時にご祭神が、日下部氏が祭祀する彦火火出見命から海部氏の祭祀する彦火明命と変わった事になります。
山幸彦と浦島太郎の関係も同じ日下部氏の話です。
実は若狭の若狭彦神社のご祭神も彦火火出見命で、『彦火火出見尊絵巻』が小浜市明通寺にあり、絵巻は、福井県小浜市の松永荘の新八幡宮にあったものです。
日向を舞台とした海幸・山幸の絵巻物が、何故、日本海沿岸の若狭にあるかということになります。
若狭国の一の宮若狭彦神社と若狭姫神社と元の丹後一の宮籠神社は、同一の神でも不思議ではありません。
小浜市太良の丹生神社のご祭神も彦火火出見命です。若狭彦神社のご祭神が彦火火出見命であり、若狭姫神社はその妻・豊玉姫がご祭神なのです。
丹後では、日下部氏の先祖、浦島子(浦島太郎)
日向では日下部氏が古代より祭祀したとされる彦火火出見命(山幸彦)話の内容も同じような内容です。


都萬神社縁起には、『竜宮信仰と日下部氏』が書いてあります。
日下部氏の出生伝承は、日向と但馬(丹後と同じタニハ)にある訳です。
しかし、丹後の日下部氏伝承も、日向の日下部氏の先祖神である都萬大明神(妻神)が竜宮に通い住むという伝承、日向神話の海幸、山幸の説話も、同じ話なのです。
つまり、古代丹後海人族も日向海人族も同じ日下部氏だったと推測できます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。