スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天橋立出船祭

【天橋立出船祭】

rps20130725_185553.jpg

出船祭りは、知恩寺の九世戸縁起を再現したお祭りです。
阿蘇海上を照らす数多くの松明の中、お坊さんのお経から始まり、子供の演舞、宮津節、龍 舞・巫女舞が演じられる。
イベントの最後には花火が打ち上げられ、夏本番を迎えます。
花火大会の後、回転橋の前で、和太鼓、龍舞、巫女舞が演じられ、目の前で見学出来ます。
丹後でも知らない人が沢山いて、もっと宣伝すべき盛大なお祭りです。
花火もいいですが、お祭りの由来を知り、演舞を最後まで見たいものです。

rps20130725_190133.jpg


九世戸縁起(くせとえんぎ)」
太古の昔、「いざなぎのみこと」「いざなみのみこと」という神様が、 日本列島、そして天橋立をお造りになりました。 この神様が出来上がった地上をご覧になりますと、悪龍が大暴れしていて 人々が住む事ができません。
神様たちは、毎日相談されました。 やがて、いざなぎのみことの申されますには、
中国五台山におられる文殊菩薩こそ智恵第一の仏様で、「何といっても、昔から龍神の導師である。
悪龍もきっと改心するであろう」と。
そこで神様たちは、五台山から日本海の荒海を越えて、 文殊菩薩を丹後天橋立のこの九世の戸(天橋立)へお迎えされたのであります。 文殊菩薩は千年の間、この地でやさしく慈悲の心をもって説法をされました。 やがて改心して善龍となった龍は仏に帰依し、 人々を守護することを誓ったのであります。

rps20130725_112743.jpg

天橋立文殊について
切戸の文殊、九世戸の文殊、知恵の文殊とも呼ばれる。
日本三文殊のひとつで、奈良県桜井市の安倍文殊院、山形県高畠町の亀岡文殊があります。
本尊の文殊菩薩は秘仏とされる。 正月三が日、1月10日、7月24日の年5日の開帳があります。


rps20130725_112901.jpg


rps20130725_112947.jpg

知恩寺(宮津市史)
鎌倉時代制作の于?王と善財童子を従えて獅子に騎乗する 文殊菩薩像(重要文化財)を本尊として祀る智恩寺は、縁 起などで天橋立を中国五台山文殊大士降応の土地としてい るが、その開基については伝承の域を出ない。「延喜聖 主」こと醍醐天皇から「天橋山」の勅額を賜わり、智恩寺 と名付けたと伝える(『九世戸智恩寺幹縁疏并序』、『対 潮庵記』が、『丹後国惣田数帳』にはわずかに「九世戸 二町三十六歩」を寺領として載せているだけで、所領規模 だけから見れば鎌倉時代の智恩寺はそれほど規模の大きな 寺院とはいえなかった。
『対潮庵記』は、相国寺の彦龍周 興(一四五八~九一)が文明十四年(一四八二)に天橋立 に遊んだ際の漢詩文であるが、彦龍はその中で延喜以来応 永年中まで「爾来誰が人か主たるを知らず」というありさ まであったと述べている。なお寺伝では、嵩山居中が嘉暦 年間(一三二六-二九)に智恩寺を中興して新たに禅宗寺 院としたという。

http://www.monjudo-chionji.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。