スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取県青谷上寺地遺跡

【青谷上寺地遺跡】

鳥取県青谷上寺地遺跡に行ってきました。
国道9号線を因幡の白兎で有名な白兎海岸を更に西に進むと、青谷町という静かな町があります。
青谷上寺地遺跡は、青谷町にある弥生時代の集落・祭祀遺跡で、これまでの調査では、道路建設予定地の発掘だけで、多量の鉄製品・土器、弥生人の脳や人骨、木製品・骨角製品などが数多く発見されました。
人骨には多くの殺傷痕が見られ、国内で初めて脳が3人分発見され話題となるなど、出土物の豊富さから、当時の暮らしぶりを彷彿させる事から、地元では「地下の弥生の博物館」と呼ばれています。

ー文化庁 国指定文化財等データベースよりー
青谷上寺地遺跡
名称: 青谷上寺地遺跡
ふりがな: あおやかみじちいせき
種別: 史跡
都道府県: 鳥取県
市区町村: 鳥取市
指定年月日: 2008.03.28(平成20.03.28)
指定基準: 史1
解説文: 鳥取県の中央部に位置する、弥生時代の居住域と水田域とがセットで遺存している集落跡である。国道及び県道建設に伴い発見され、これまでの調査で弥生時代の掘立柱建物や護岸施設、水田跡などを検出した。この遺跡を特徴づけるのは、豊富な遺物で、通常の遺跡では遺存することの少ない木器・骨角器・獣骨等の有機質遺物、鉄器・青銅器などの金属器が大量に出土した。このほか、鉄製武器などによる殺傷痕の残る人骨、頭蓋骨のなかからは脳が奇跡的に遺存していたことも注目された。
 鳥取県教育委員会では、遺跡の重要性に鑑み、平成13年度から遺跡の範囲内容を確認するための発掘調査を実施してきた。その結果、居住域は直径200m前後、その南側と西側の水田域は長辺700m以上、短辺300m程度に及ぶことが明らかとなった。中期、後期には土坑、建物や護岸施設等が築かれた。
 豊富な出土品は、弥生時代の人々の生活を復元するうえで新たな重要な知見をもたらした。しかも、大陸との関係を示唆する出土遺物が数多くあり、海岸部に立地しているということから、日本海側における交易や文化拠点としての役割を果たしていたと考えられている。このように、弥生時代の社会のあり方を知るうえで重要である。

頂いた資料によると、紀元前400年頃から青谷上寺地遺跡に人が住み始め、紀元150年頃を最盛期とし、250年頃に集落が衰退し、古墳時代前期には完全に消滅したとあります。
178年頃の倭国大乱の時代が始まり、248年、卑弥呼が死亡する頃に集落が衰退するという、正に邪馬台国時代の集落、そのものといえます。
遺跡では、モモ、うり、ぶどう、あわ等の種実の他、貝塚も発掘されています。



気になる人骨の出土状況ですが、人骨はバラバラで人数にすれば100体以上、建築物の一部、絹織物、木製品、鉄器、土器人骨は、まとめて、放棄し埋められたように見えます。

勝手な想像だが、青谷の青は、古代では一般的に墓地や死骸を捨てる場所と言われるので、何か大きな出来事があり、集落の建物を解体し、死体と共に埋めたのかもしれない。

100体のうち、10体からは殺傷痕が残っている。
銅の矢じりが打ち込まれた人骨。
鋭い刃物で切りつけられた胸椎。
国内で初めてみつかった弥生人の脳。(熟年男性)

人骨には、幼児のものが三体、若い女性や高齢者のものまで含まれている。
骨にまで至る大きな外傷を負い、治癒痕のないことから、ほぼ即死しているものもある。
また抜歯した上顎の人骨も発掘されています。


この遺跡で驚いたのは、幾ら水田、湿地帯とはいえ、木製品や人骨が、余りにも綺麗な状態で見つかっているので、これも想像だが、晩秋から冬の寒い時期に埋められたのではないか?と思えます。

その他纏まって出土したト骨が約250点あり、当時の人々は、イノシシや鹿の肩甲骨を焼き、ヒビの入り方で、吉凶を占ったそうです。これは、当時の鉄の産地朝鮮半島南部のヌクト遺跡と共通するそうです。



展示館見学後、青谷町総合支所二階にある鳥取県埋蔵文化財センター青谷調査室に行き、専門職員の方に、解りやすく解説していただきました。
ここの収蔵展示室は、遺跡から発掘された出土品が300点程展示され、間近に手で持って見学する事が出来ました。
ちょっと気になったのは、解説の方のお話によると、弥生期において、丹後の人達と、因幡の人達は仲が悪かったのではないかとの冗談話を頂きましたが、はて?
それについては、個人的な意見を書きたいと思います。
いずれにしましても、展示館、資料室共に、弥生の貴重な出土品を見る事が出来、大満足。
また青谷の人々の郷土愛を強く感じるいい見学が出来、関係者の方々に御礼を申し上げます。


スポンサーサイト

因幡の白兎と白兎神社

【白兎神社】

白兎神社は、大兎大明神あるいは兎の宮白兎大明神といわれ、日本神話「因幡の白うさぎ」の舞台であり、白兎神話にちなみ、皮膚病ややけどなどに効く神社として信仰されています。


境内へ続く道沿いには、可愛い兎の石像が設置され、うさぎが傷口を洗い、治療したといわれる「御身洗(みたらし)池」があります。季節を問わず水位が一定のため、不減不増の池といわれています。


因幡の白兎は、日本神話に登場する大国主と八上姫の縁結びの神様といわれ、日本で初めてのラブストーリーの発祥地「白兎」として、2010年に「恋人の聖地」に認定されたそうです。
恋人の聖地といわれ、「白兎起請文(きしょうもん)」で、兎の神に永遠の愛を誓い、約束事を書いて、白兎神社へ納めます。

【白兎神社】境内案内板
御祭神 白兔神を主神とし保食神を合祀している
鎮座地 鳥取市白兔六〇三番地
例祭日 四月十七日御輿途御行事あり
 白兔神社は古事記、日本書紀に記されてい る由緒の明らかな所謂「因幡の白兔」で有名 な神社である。
 古事記に曰く淤岐ノ島に流された兎海の和 邇を欺きて気多之前まで渡らむとせしが欺き を知りたる和邇により悉く衣服を剥がれ泣き 悲しむ兎に八十神の命もちて海塩を浴みて風 に当り伏せれば前にも増して痛みはげしく、 ここに大穴牟遅神(大国主命)その兎に教へ たまはく「今急くこの水門に往きて水もて汝 が身を洗ひて、水門の蒲黄を取りて敷き散ら しその上に輾転てば汝が身、本の膚の如必ず 差えなむものぞ」と教へたまひき。かれ教の 如せしかば、その身もとの如くなりき。……
 日本医療の発祥の地であり古来病気傷痍に 霊験あらたかな神様である。
 尚、大国主命と八上姫との縁を取りもたれた (仲人された)縁結びの神様でもある。

20140917101923297.jpg


菊座石
本殿を支える土台石(六ケ)に 菊の紋章が彫刻(二十八弁) してある。近郷の社は もちろん、全国的にも珍しい。 神社創設が皇室と何らかの 関係があったものと 云われている。


20140917203937e27.jpg
2014091720393520a.jpg


【道の駅 因幡のしろうさぎ】
古事記に記される因幡の白兎の神話は、大国主命が毛皮をはがされたウサギの話を聞いていくところから話が始まっていきます。
昔々、隠岐の島に住む1匹の白兎が、ある姫神に会いたいと思い因幡の国へ行きたいと考えていました。しかし、隠岐の島と因幡の間は海でとても自力では渡れません。
そこで白兎はワニザメをだまして向こう岸に渡ろうと考え、『ワニザメさん、君たちの仲間と僕たちの仲間とどちらが多いか比べてみようよ』と提案し、 ワニザメを因幡の国まで並べさせ、その上をピョンピョンと渡っていきました。
そしてもう少しで向こう岸に着こうというとき、あまりの嬉しさについ、『君たちはだまされたのさ』と言ってしまいました。 それに怒ったワニザメは、白兎の体中の毛をむしり取り、あっという間に丸裸にしてしまいました。

丸裸にされた白兎がその痛みで砂浜で泣いていると、そこに大国主命の兄神様が大勢通りかかり(大国主命の兄神達は、隣の因幡の国に八上姫という美しい姫がいるという噂を聞きつけ、 自分のお嫁さんにしようと、因幡の国に向かっている途中でした)、 面白半分に『海水で体を洗い、風に当たってよく乾かし、高い山の頂上で寝ていれば治る』と言いました。 白兎が言われたとおりにしてみると、海水が乾くにつれて体の皮が風に吹き裂かれてしまい、ますますひどくなってしまいました。

あまりの痛さに白兎が泣いていると、兄神達の全ての荷物を担がされて大きな袋を背負った大国主命が、兄神達からずいぶんと遅れて通りかかり、白兎に理由を尋ねました。 そして、『河口に行って真水で体を洗い、蒲の穂をつけなさい』と言いました。
白兎がその通りにすると、やがて毛が元通りになりました。 たいそう喜んだ白兎は『八上姫は兄神ではなく、あなたを選ぶでしょう。 あのような意地悪な神様は、八上姫をお嫁にもらうことは出来ません』と言い残し、自らが伝令の神となって、兄神達の到着より前に、この事実を八神姫に伝えたのでした。
これを知らない兄神達は、先を競って姫に結婚を申し込みましたが、姫はそっけなく対応し、『私はあなた方ではなく、大国主命の元へ嫁ぎます』と言い、兄神達を追い返したのでした。

以上があらすじです。このように、大国主命は優しさも兼ね備えており、そんなところも女性の心をしっかりと掴むのかもしれません。

さて、白兎は八上姫(やがみひめ)と大国主命との縁を見事に取り持ち、鳥取県で『白兎神社』の御祭神となっています。 白兎の取り持つ縁は、ある特定の人やかなわぬ人との縁です。赤羽八幡神社の境内にも、大黒様をそっと見つめる様に白兎の石像が置かれていますので、ぜひお参りください。
2014091720393970f.jpg

2014091806504106c.jpg
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。