スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1582年一色氏謀殺事件其の一

【一色氏謀殺事件について】
天正十年(1582年)9月8日、宮津城米田屋敷にて、一色義俊が、細川忠興に殺害されるという大事件が起きた。
この事件についての資料や諸説は多々あるのだが、確証たるものは残っていないようなので、出来る限り多くの資料や文献を研究し、纏めてみたい。
ずっと思っていた事ではあるが、いまだに「一色軍記」「丹州三家物語」など、史実を面白おかしく脚色した物語を、丹後の歴史として信じている歴史家の方がいらっしゃるのは残念で、講演会などを聞いていても、首を傾げてしまう事が多い。
先日の京都新聞に掲載された記事、読まれた方も多いとは思うが、これを史実のように扱うのはどうした事だろう…。
歴史に夢やロマンは付き物…。
丹後の歴史は、変えられている。




【一色義俊謀殺事件の真相】

さて、止まっていたブログですが、少しづつ再会します。

それまでにどこまでが本当なのか、謎の「一色軍記」を要約する事から始めます。

つづく


スポンサーサイト
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。