スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青玉神社(兵庫県多可郡加美区)

青玉神社
 兵庫県多可郡加美区に鎮座する青玉神社をお祀りしてきました。

青玉神社は、天戸間見命と大歳御祖命を祀っています。創立は不明。最初、三国岳の頂上に鎮座し、後に山麓に近い現在の地に移されたそうです。
巨木に囲まれた美しい杉林の中に鎮座し、拝殿付近の杉は、樹齢1000年という巨木で、県指定天然記念物となっております。
この辺りは、鉄の神である天目一箇神をお祀りする神社が数多くあります。
元々、鉱山やタタラ、鍛冶工房が沢山あったに違い無く、
道の駅でそんな話をおばちゃんに話かけた所、黒山の人だかりとまではいかないが、多くの人に囲まれ、天目一箇神の話をする羽目になってしまいました。。。
多々良、丹治、鍛冶屋などの地名も残り、近くには生野銀山があり、正にこの神様が鎮座するのは当然の事でしょう。

一説では、この神社を天目一箇神社であるともいい、天戸間見命とは天目一箇神の別名で、青玉というのは、命が神木にお触れになったところ片眼を失明されて青色になったことから、青玉と呼ばれるようになった伝承があります。

記紀によると、天目一箇神(天津麻良=アマツマラ)は、天照大神が、天岩戸に隠れた時、刀、斧など、大神を慰める器を作った神で、金工、製鉄、鍛冶の祖神とする。

天目一箇神は、一つ目のマラ神という事で、この神を祖とする氏族について、『新撰姓氏録』では、葦田首、菅田首などが出てきます。

多可郡には、天目一箇神社が鎮座し隣接する但馬国気多郡にも式内社、葦田神社があり、祭神は天目一箇神です。鎮座地を愛痛山『あしいた山』、御祭神は、愛痛大明神『あしいた大明神』と呼ばれたそうです。

澤潔氏によると、愛痛は本来、足痛で、製鉄のタタラを踏む人々の職業病である足痛と結びつくとされています。あしいた→あしいだ→あしだ→芦田(足立、安達さんも同じ)また『青銅の神の足跡』によると、タタラの炎の色を見つめ過ぎた為、一眼を損じたタタラ師の神格化が天目一箇神とし、たたら炉の色を見つめ過ぎ、眼を悪くし、歳を取ると、片方の目がダメになるという。

よって、足痛、目を悪くするなど、金属精錬に携わる人の持病を上げています。

足痛(葦痛)→足味田→足田(葦田、芦田)とし、足立姓(安達)は芦田姓の一族としています。

足立=職業病として、足の立たなくなった者。

京都府丹後峰山町に鎮座する藤社神社の境内社にも、天目一社があり、海人の羽衣伝説に登場する七夕伝説の子孫、安達家(足立家)も、芦田の転だろうとの説があります。

安達家は、峰山町大呂にあり、大呂は、大きな溶鉱炉から来ていると考えられるそうです。

姓氏苗字辞典によると、足立、安達姓は同じ氏族とし、

アダチとは、河岸、芦の生い茂る土地、日当たりのよい場所の意味があり、足立、安達などの漢字を用いる。

武蔵の足立氏は武蔵国の足立郡発祥の武蔵国造の末で、平将門の時に登場する武蔵郡司武芝の子孫。後に源氏に属し、源平時代の足立遠基が足立郡の地頭職、その子、遠光が丹波国氷上郡佐治郷を与えられ、栄えた。

足立遠政の時、明智光秀により滅亡したが、子孫は今も青垣、福知山、氷上に多いとあります。

芦田姓については播磨に赤松氏族、丹波の豪族は、信濃井上氏族とあり、赤松氏といえば、元は播磨の製鉄民ですね。
民族(ここでは製鉄民)の神は伝承するいい例だと思います。
大歳神については、申し上げるまでも無く、稲荷神(農耕の神)の兄弟神であり、五穀豊穣の穀物の神であります。
スポンサーサイト

 元出雲 亀岡の出雲大神宮


丹波一の宮、格式高い名神大社出雲大神宮は本当に【元出雲】なのか?

出雲大神宮は、別称として「元出雲」・「千年宮」古くは「大八洲国国祖神社」と称されたともいう古社。

20141109090841fd2.jpg

【え??亀岡って、丹波元??元出雲??】

太古の亀岡盆地は水を一面に湛えた丹の湖(亀岡湖)で、いつも赤い波(丹波)が立っていた。これが「丹波」の名のもとになったという伝承があるそうだが。。。(一般的に、丹波とは、京丹後市峰山町丹波をいいます。)

【元出雲 出雲大神宮】
主祭神
大国主命
三穂津姫尊
亀岡市東部に立つ御蔭山の山麓に鎮座し、御蔭山を御神体として祀る神社です。

社伝によると「元出雲」の別称は、出雲大社が当社からの分霊とし、こちらが出雲の本家としています。

『出雲国の出雲大社は明治に至るまで「杵築大社」を称していたため、「出雲神社」と言えば当社を指していた』

社伝では、祭神の大国主命についても、出雲大社の方が当社より勧請を受けたとし、「元出雲」の通称としています。

『丹波国風土記逸文』に「元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」の記述があると、社伝で主張するが、そのような逸文は存在するのだろうか?しかしながら、境内にある「国幣中社 出雲神社」の社名標は出雲大社の元宮司・千家尊福氏が書かれており、不思議な神社であります。


20141109090839be5.jpg


そこで。。。亀岡にある出雲大神宮より古い神社を調査しました。

【鍬山神社由緒】

祭神 大己貴、応神天皇

古代、亀岡の盆地が泥地の泥湖であった頃、出雲大神が、八神と黒柄山に神集いされて一隻の船に乗り、一肥の鍬を持って浮田の山峡を切り拓き、湖水を干拓して肥殀な農地とした。

里人はこの神の徳をたたえ、また使った鍬が山積したことにより、鍬山神社としてお祀りしたのが、当社の始まりである。和銅二年(709)に社殿がはじめて建てられた。

『故郷鎮守の森・亀岡神社誌より』

【請田神社】

主祭神 大山咋神、市杵島姫命(何と、松尾大社と同じである)

大山咋神は丹波地方を開拓する為、出雲地方から来られた神といわれ、当社及び川向こうの桑田神社のある保津川入口から開拓を始めたと伝える。この開拓着工の鍬入れを受けたので、社名を『請田』と呼ぶようになったという。別名『浮田神社』とも呼ばれ、「浮いて田んぼが出来た」 つまり、湖水が干拓して農地をつくった神様で、保津で行われる「保津の火祭り」は、この伝説から由来しているといわれています。

亀岡の古代史
 太古の昔、出雲の神「大国主命」は丹波に来られると、亀岡湖が一望できる山頂に上った。そしてこの地方を治めていた八柱の神々を樫田村の黒柄岳に集めて「この山々を切り開き、湖水を山背(やましろ)へ流して新しい国を造ろうではないか」と相談された。その時に相談を受けた請田神社が工事費を受け持ち、樫船神社が造った樫舟に乗って鍬山神社が鍬で拓き、餅籠神社(もちかご)が籠で土砂を運んだ。
そうするとこの地域は、豊かな農地に変わり、国は豊かになった。

1.桂川の歴史
 "その昔、保津峡上流域は大きな湖であったといわれ、丹波に来た大国主命は、この地の神様と力を合わせ保津の山を切り開き、豊かな土地を生み出したと言われています。"



 桂川の保津峡上流域の亀岡盆地は、その昔、大きな湖であったといわれています。湖の水は赤い色をしており、これが丹波(赤い波の意)の名の起源と言われています。
丹波に来た大国主命は、この地方の請田(ウケタ)神社、鍬山(クワヤマ)神社、持籠(モチカゴ)神社と相談し、保津の山を切り開いて水を京都盆地の方に流したと言われています。その際、鍬山神社はクワで掘り、持籠神社はカゴで土砂を運び、請田神社はその費用を請け負ったと言われ、これにより、豊かな土地が生まれたと言われています。 【国土交通相HP】

※出雲国風土記(733年)を見ると、出雲国の中には九つの郡があり、その中に出雲郷があります。
国名の由来は、『八束水臣津野命の言葉に、八雲立つ出雲とあり、また、須佐男命が『八雲立つ出雲八重垣』とうたわれたと古事記にもあります。
つまり、古事記以前から、島根県出雲に出雲はあったことになります。
※結論 以上の言い伝え、神社の社伝により、亀岡は、出雲から来た秦氏などの朝鮮系渡来人が開拓した土地で、そこに出雲の神をお祀りした。

出雲の原郷は出雲国の出雲であり、出雲の人々により、亀岡が開拓され、当地に出雲の神をお祀し、出雲の社を建立した。それが亀岡(亀山)です。

社伝による元出雲は、個人の判断にお任せ致します。

20141109090837f51.jpg

因幡の白兎と白兎神社

【白兎神社】

白兎神社は、大兎大明神あるいは兎の宮白兎大明神といわれ、日本神話「因幡の白うさぎ」の舞台であり、白兎神話にちなみ、皮膚病ややけどなどに効く神社として信仰されています。


境内へ続く道沿いには、可愛い兎の石像が設置され、うさぎが傷口を洗い、治療したといわれる「御身洗(みたらし)池」があります。季節を問わず水位が一定のため、不減不増の池といわれています。


因幡の白兎は、日本神話に登場する大国主と八上姫の縁結びの神様といわれ、日本で初めてのラブストーリーの発祥地「白兎」として、2010年に「恋人の聖地」に認定されたそうです。
恋人の聖地といわれ、「白兎起請文(きしょうもん)」で、兎の神に永遠の愛を誓い、約束事を書いて、白兎神社へ納めます。

【白兎神社】境内案内板
御祭神 白兔神を主神とし保食神を合祀している
鎮座地 鳥取市白兔六〇三番地
例祭日 四月十七日御輿途御行事あり
 白兔神社は古事記、日本書紀に記されてい る由緒の明らかな所謂「因幡の白兔」で有名 な神社である。
 古事記に曰く淤岐ノ島に流された兎海の和 邇を欺きて気多之前まで渡らむとせしが欺き を知りたる和邇により悉く衣服を剥がれ泣き 悲しむ兎に八十神の命もちて海塩を浴みて風 に当り伏せれば前にも増して痛みはげしく、 ここに大穴牟遅神(大国主命)その兎に教へ たまはく「今急くこの水門に往きて水もて汝 が身を洗ひて、水門の蒲黄を取りて敷き散ら しその上に輾転てば汝が身、本の膚の如必ず 差えなむものぞ」と教へたまひき。かれ教の 如せしかば、その身もとの如くなりき。……
 日本医療の発祥の地であり古来病気傷痍に 霊験あらたかな神様である。
 尚、大国主命と八上姫との縁を取りもたれた (仲人された)縁結びの神様でもある。

20140917101923297.jpg


菊座石
本殿を支える土台石(六ケ)に 菊の紋章が彫刻(二十八弁) してある。近郷の社は もちろん、全国的にも珍しい。 神社創設が皇室と何らかの 関係があったものと 云われている。


20140917203937e27.jpg
2014091720393520a.jpg


【道の駅 因幡のしろうさぎ】
古事記に記される因幡の白兎の神話は、大国主命が毛皮をはがされたウサギの話を聞いていくところから話が始まっていきます。
昔々、隠岐の島に住む1匹の白兎が、ある姫神に会いたいと思い因幡の国へ行きたいと考えていました。しかし、隠岐の島と因幡の間は海でとても自力では渡れません。
そこで白兎はワニザメをだまして向こう岸に渡ろうと考え、『ワニザメさん、君たちの仲間と僕たちの仲間とどちらが多いか比べてみようよ』と提案し、 ワニザメを因幡の国まで並べさせ、その上をピョンピョンと渡っていきました。
そしてもう少しで向こう岸に着こうというとき、あまりの嬉しさについ、『君たちはだまされたのさ』と言ってしまいました。 それに怒ったワニザメは、白兎の体中の毛をむしり取り、あっという間に丸裸にしてしまいました。

丸裸にされた白兎がその痛みで砂浜で泣いていると、そこに大国主命の兄神様が大勢通りかかり(大国主命の兄神達は、隣の因幡の国に八上姫という美しい姫がいるという噂を聞きつけ、 自分のお嫁さんにしようと、因幡の国に向かっている途中でした)、 面白半分に『海水で体を洗い、風に当たってよく乾かし、高い山の頂上で寝ていれば治る』と言いました。 白兎が言われたとおりにしてみると、海水が乾くにつれて体の皮が風に吹き裂かれてしまい、ますますひどくなってしまいました。

あまりの痛さに白兎が泣いていると、兄神達の全ての荷物を担がされて大きな袋を背負った大国主命が、兄神達からずいぶんと遅れて通りかかり、白兎に理由を尋ねました。 そして、『河口に行って真水で体を洗い、蒲の穂をつけなさい』と言いました。
白兎がその通りにすると、やがて毛が元通りになりました。 たいそう喜んだ白兎は『八上姫は兄神ではなく、あなたを選ぶでしょう。 あのような意地悪な神様は、八上姫をお嫁にもらうことは出来ません』と言い残し、自らが伝令の神となって、兄神達の到着より前に、この事実を八神姫に伝えたのでした。
これを知らない兄神達は、先を競って姫に結婚を申し込みましたが、姫はそっけなく対応し、『私はあなた方ではなく、大国主命の元へ嫁ぎます』と言い、兄神達を追い返したのでした。

以上があらすじです。このように、大国主命は優しさも兼ね備えており、そんなところも女性の心をしっかりと掴むのかもしれません。

さて、白兎は八上姫(やがみひめ)と大国主命との縁を見事に取り持ち、鳥取県で『白兎神社』の御祭神となっています。 白兎の取り持つ縁は、ある特定の人やかなわぬ人との縁です。赤羽八幡神社の境内にも、大黒様をそっと見つめる様に白兎の石像が置かれていますので、ぜひお参りください。
2014091720393970f.jpg

2014091806504106c.jpg

お稲荷さんの狛狐

20140215192445129.jpg

【狛狐のくわえている球】

お稲荷さんの狐の咥えているもの

神社繋がりの友人から、「稲荷神社の狐の咥えている玉って、なんですか?」と尋ねられましたが、はて?
何なのか調べてみました。

答えは、玉は如意宝珠。
水晶玉の事らしいですが、全ての望みを叶えてくれる宝珠なんだそうで、
狐は化ける時、この玉を使うのだそうです。つまり、この玉が無いと、狐は化ける事が出来ず、
妖術が使えないんですね。
稲勝負に負けた狐が宝珠を取られそうになっとしまうのですが、
もう人を化かしたりしない。その人の一生の間、
米の豊作を誓って宝珠を返してもらったという話しがあるそうです。
巻物は経典。
子供狐を従えているのは子宝。
鍵は、技の引き出しの鍵。

昔、狐が犬に襲われていました。
それを見ていた殿様が、襲われた狐を助けます。
狐はたいそう喜んで逃げて行きました。
ところが狐は、大切にしていた宝珠を落としてしまったのです。
殿様は宝珠を持ち帰ってしまいました。
それを知った子狐が、玉をとりもどそうと美しい姫に化けて、殿様の屋敷に忍び込みました。
しかし、いざ取り戻す時、宝珠を盗もうと犬神使いがやってきて、まんまと宝珠を取られてしまったのです。
ところがお香の香りで、犬の化けの皮が剥がれます。
オマケに殿様の妾になった子狐も、化けの皮が剥がれてしまい、またまた犬と狐が、玉の取り合いを繰り返します。
その玉こそお稲荷さんの狛狐の咥えた宝珠なのです。

磨呂子親王の土蜘蛛退治伝説2

両丹日日新聞より

【麻呂子親王伝説】

丹波、丹後に残る麻呂子親王鬼退治伝説(上) 両丹日日新聞

福知山市、宮津市、与謝野町にまたがる大江山には3つ の鬼退治伝説が残っている。「日子坐王(ひこいますのき み)伝説」「麻呂子(まろこ)親王伝説」「源頼光・酒呑 童子伝説」。最も有名なのが酒呑童子伝説で、多くの文献 が残り、ゆかりの地も多いが、麻呂子親王に関しても大江 山周辺にたくさん存在する。福知山市大江町内を中心に関 連地を回った。

麻呂子親王は6世紀後半から7世紀初期にかけての皇族 で、聖徳太子の異母弟と言われている。当時三上ケ嶽(み うえがたけ=大江山)には英胡、軽足、土熊の3鬼がすみ つき、朝廷はこの鬼たちを退治するよう、親王に勅命。大軍を率いて攻めたが、鬼たちの 妖術で歯が立たなかった。

いったん兵を引かせた親王は、神仏の加護をもって鬼を討ち倒そうと考え、薬師如来像 を彫って、もし鬼を討てたならば、丹後に7寺を開き、像をまつる−と祈願したという。

■親王の鞍と鐙が寺宝に 河守の清園寺■

親王を開基と主張する寺は7つ以上あるが、舞鶴市の多禰寺に残る縁起では、大江町河 守の鎌鞍山・清園寺(若田真喬住職)がその一つとしてあげられている。

同寺の開基は586年。親王が勅を受け鬼を討ち、寺を創建するまでの由来を描いた3 幅の「清園寺縁起絵巻」は伝説を色濃く物語る。室町時代の作とされるが、現物は京都博 物館(京都市)にあり、レプリカが同寺と日本の鬼の交流博物館に展示されている。

また寺宝として残る鞍(くら)と鐙(あぶみ)は、親王が馬に乗る際に使っていたもの で、神の加護で鬼退治できたことに感謝して、鎌と一緒に納められたという。同寺の山号 の鎌鞍山はここから付けられた。若田住職(49)は「本物かどうかは分かりませんが、 京都の都から乗って来た馬に取り付けられたものと思われます。末永く後世に伝えていき たい」と話している。

■鎌と鞭納めて開基 仏性寺の如来院■

大江山のふもとにある仏性寺、如来院(田和祐昌住職)も親王が鬼退治の加護に感謝し て、鎌と馬に乗った際に使う鞭(むち)を納めて開基したと伝わる。山号は鎌鞭山。鞭は 長さ約1メートルで木製。漆塗りとみられ、持つところが革張りになっている。

普段は木箱の中に入れ、大切に保管しているが、参拝者に見せることもあり、田和住職 (71)によると、寺に古く残るものだけに、だれもが「これはすごい」と感激するとい う。

丹波、丹後に残る麻呂子親王鬼退治伝説(下) 両丹日日新聞 1月1日(日)16時32分配信

■伝説由来の地名多く

斬った鎌を投げ入れたとされる「鎌渕」という深い池のようになっ ている所がある。

いた馬が立ちすくんだことから付けられた「馬止」という場所も。 更には、額に鏡を付けた白犬が現れ、鏡で照らしたところ、

一筋の道が開け、親王らが進んだといわれている坂「あかさか」も

拡大写真

あり、伝説由来の地名が今も残っている。

お手植えの杉は3本 あったが、今は1本だ



■鬼退治に貢献した白犬と鏡まつる

けになっている

白犬の付けていた鏡をまつっているのが、仏性寺の二瀬川渓流に架かるつり橋・新童子 橋のそばにある美多良志荒神。

う。鬼が倒れたあと白犬は死に、

美多良志は「み照らし」からつけられたとも考えられ、古来、

をよくしてくれる神として厚い信仰を受けている。

■挿した竹の杖から芽が吹き戦勝確信

清園寺近くにある関の逆竹神社にも親王の伝説が残っている。親王の軍勢が鬼退治に行 く途中に神社周辺で休息。親王が地面に竹の杖を逆さに挿して、戦闘で勝てるなら、翌日 には竹から芽が出るだろう−と告げたところ、一夜のうちに根付き、芽を吹いた。家来た ちは霊力のある親王の下で戦えば勝てると、士気を高めた。逆さの竹の逸話が神社創建に つながったとみられる。

鬼や大江町の歴史に詳しい福知山観光協会大江支部の赤松武司副支部長(59)

町金屋=は「酒呑童子伝説の源頼光の逆さ杉の話は、逆竹神社の話を基にしていると考え られる」と話している。

■お手植えの杉 内宮の皇大神社■

軍勢は逆竹神社同様に内宮の元伊勢内宮皇大神社にも寄ったらしく、参道には親王が手 植えしたとされる杉の大木が存在する。

鬼退治が達成出来ることを願って植えたといわれ、

時代に台風で倒れ、もう1本は落雷の影響で枯れたため、

皇大神社の佐藤仁禰宜(76)は「残っている1本は樹齢1500年ほど。杉に向かっ て手を合わす人や幹にさい銭を埋め込む人もいます。神社にとっては大切な木で、雷が落 ちない限り枯れないでしょう」と言う。

このほか親王ゆかりの地は丹後、丹波の広範囲に及び、多くの逸話を残す。酒呑童子伝 説は麻呂子親王伝説を基にしてつくられたという説もある。

日本の鬼の交流博物館の塩見行雄館長(63)は「麻呂子親王の鬼退治伝説の時代は、 地方に仏教が浸透していった過程とだぶることから、仏教徒にならない人たちを鬼と称し て物語をつくり、仏教が広まるようにしたのではないでしょうか」と話す。
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。