スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取県青谷上寺地遺跡

【青谷上寺地遺跡】

鳥取県青谷上寺地遺跡に行ってきました。
国道9号線を因幡の白兎で有名な白兎海岸を更に西に進むと、青谷町という静かな町があります。
青谷上寺地遺跡は、青谷町にある弥生時代の集落・祭祀遺跡で、これまでの調査では、道路建設予定地の発掘だけで、多量の鉄製品・土器、弥生人の脳や人骨、木製品・骨角製品などが数多く発見されました。
人骨には多くの殺傷痕が見られ、国内で初めて脳が3人分発見され話題となるなど、出土物の豊富さから、当時の暮らしぶりを彷彿させる事から、地元では「地下の弥生の博物館」と呼ばれています。

ー文化庁 国指定文化財等データベースよりー
青谷上寺地遺跡
名称: 青谷上寺地遺跡
ふりがな: あおやかみじちいせき
種別: 史跡
都道府県: 鳥取県
市区町村: 鳥取市
指定年月日: 2008.03.28(平成20.03.28)
指定基準: 史1
解説文: 鳥取県の中央部に位置する、弥生時代の居住域と水田域とがセットで遺存している集落跡である。国道及び県道建設に伴い発見され、これまでの調査で弥生時代の掘立柱建物や護岸施設、水田跡などを検出した。この遺跡を特徴づけるのは、豊富な遺物で、通常の遺跡では遺存することの少ない木器・骨角器・獣骨等の有機質遺物、鉄器・青銅器などの金属器が大量に出土した。このほか、鉄製武器などによる殺傷痕の残る人骨、頭蓋骨のなかからは脳が奇跡的に遺存していたことも注目された。
 鳥取県教育委員会では、遺跡の重要性に鑑み、平成13年度から遺跡の範囲内容を確認するための発掘調査を実施してきた。その結果、居住域は直径200m前後、その南側と西側の水田域は長辺700m以上、短辺300m程度に及ぶことが明らかとなった。中期、後期には土坑、建物や護岸施設等が築かれた。
 豊富な出土品は、弥生時代の人々の生活を復元するうえで新たな重要な知見をもたらした。しかも、大陸との関係を示唆する出土遺物が数多くあり、海岸部に立地しているということから、日本海側における交易や文化拠点としての役割を果たしていたと考えられている。このように、弥生時代の社会のあり方を知るうえで重要である。

頂いた資料によると、紀元前400年頃から青谷上寺地遺跡に人が住み始め、紀元150年頃を最盛期とし、250年頃に集落が衰退し、古墳時代前期には完全に消滅したとあります。
178年頃の倭国大乱の時代が始まり、248年、卑弥呼が死亡する頃に集落が衰退するという、正に邪馬台国時代の集落、そのものといえます。
遺跡では、モモ、うり、ぶどう、あわ等の種実の他、貝塚も発掘されています。



気になる人骨の出土状況ですが、人骨はバラバラで人数にすれば100体以上、建築物の一部、絹織物、木製品、鉄器、土器人骨は、まとめて、放棄し埋められたように見えます。

勝手な想像だが、青谷の青は、古代では一般的に墓地や死骸を捨てる場所と言われるので、何か大きな出来事があり、集落の建物を解体し、死体と共に埋めたのかもしれない。

100体のうち、10体からは殺傷痕が残っている。
銅の矢じりが打ち込まれた人骨。
鋭い刃物で切りつけられた胸椎。
国内で初めてみつかった弥生人の脳。(熟年男性)

人骨には、幼児のものが三体、若い女性や高齢者のものまで含まれている。
骨にまで至る大きな外傷を負い、治癒痕のないことから、ほぼ即死しているものもある。
また抜歯した上顎の人骨も発掘されています。


この遺跡で驚いたのは、幾ら水田、湿地帯とはいえ、木製品や人骨が、余りにも綺麗な状態で見つかっているので、これも想像だが、晩秋から冬の寒い時期に埋められたのではないか?と思えます。

その他纏まって出土したト骨が約250点あり、当時の人々は、イノシシや鹿の肩甲骨を焼き、ヒビの入り方で、吉凶を占ったそうです。これは、当時の鉄の産地朝鮮半島南部のヌクト遺跡と共通するそうです。



展示館見学後、青谷町総合支所二階にある鳥取県埋蔵文化財センター青谷調査室に行き、専門職員の方に、解りやすく解説していただきました。
ここの収蔵展示室は、遺跡から発掘された出土品が300点程展示され、間近に手で持って見学する事が出来ました。
ちょっと気になったのは、解説の方のお話によると、弥生期において、丹後の人達と、因幡の人達は仲が悪かったのではないかとの冗談話を頂きましたが、はて?
それについては、個人的な意見を書きたいと思います。
いずれにしましても、展示館、資料室共に、弥生の貴重な出土品を見る事が出来、大満足。
また青谷の人々の郷土愛を強く感じるいい見学が出来、関係者の方々に御礼を申し上げます。


スポンサーサイト

若狭最大の古墳 上ノ塚古墳

rps20130607_142226.jpg

【上ノ塚古墳】

じょうのづかこふん
福井県三方上中郡若狭町脇袋古墳群にある前方後円墳で、国史跡。
埋葬施設、埋葬者は不明。
若狭地方における最大の前方後円墳で、4世紀末から5世紀前葉に造られたと考えられる。
膳部(ぜんぶ)山の西側山麓に7基あったと伝えられる脇袋(わきぶくろ)古墳群中最大で、
主軸方向を南北に取り、前方部が北を向いている。
全長約100m、後円部径約64m、前方部長約48m、3段に築造されており、
原形をよくとどめてお り、盾型の周濠の存在も確認できる。
墳丘には、葺石、埴輪、木柱がめぐらされている。

若狭の前方後円墳は現在17基が確認されており、西塚古墳・上ノ塚古墳・中塚古墳・上船塚古墳・下船塚古墳の5基は、国の史跡に指定されている。
丹後同様、古くから渡来人の上陸した地域であり、中国や朝鮮半島から渡ってきた出土品も数多い。
石室が露出した円墳も見学可能で、出土品は若狭町歴史文化館で見るこ とができるそうだ。

rps20130607_142306.jpg

埋葬者は、地元では若狭国造氏、膳臣(カシワデノオミ)といわれているそうで、その支族が脇袋古墳群や天徳寺古墳群なのでしょう。
丹後など、日本海沿岸の地域の特徴として、巨大な前方後円墳、ヤマト政権と関わると同時に、古くから独自に大陸、半島や九州の氏族とも交流していた様子が理解できます。
古墳からの出 土品には、極めて異例な広幅式冠帽や角杯形土器があり、当時の表玄関日本海ルートによる交流の事実を証明しています。
rps20130607_142344.jpg

大和の水田

奈良県御所市にある中西遺跡で、ヤクルト2400年前の水田跡が発見された。
合計面積は約二万平方メートルに及び、甲子園球場のグラウンド面積の約1.5倍、弥生時代前期の水田では全国最大の規模であるという。
その水田は、約850枚に区切られ、あぜを多数設けた上、それを南北方向に区切ってあるそうだ。
この辺りには卑弥呼の墓の可能性を秘めた円墳があり、近日中に是非訪れてみたい。

三輪山の大物主様 大神神社その弐

rps20110820_183608.jpg

大神神社、大物主神の続き。

大物主神が三輪山に鎮座されてからは、葦原中国(日本国)では平和な日が続いていた。

ある日、天上の高天原におられる天照大御神と高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)から大物主神 に対して、葦原中国を譲るようにお申し入れがあった。 天照大御神が、「この国は、天孫(天照大御神の子孫)が治めるべき土地である」と、 大国主神に 国譲りの交渉をされたのです。

天の神が地上に降り立つ事を天孫降臨という。

大国主神は、「天神の仰せは行き届いたものでございます。私が治める現世は、皇孫( 天照大御神 の子孫がお治めくださるのがいいでしょう」と、申し上げた。 そして「私は幽世から現世を見守りましょう」と言って、この世から永遠にお隠れになった。

そこで経津主神(ふつぬしの神)は、全国を周り、従わないものを平定した。従わないものは力で 従わせ、服従したものは誉め称えた。 この時、大国主神と事代主神は、服従したものを統率した。

日本書紀によると、大国主神は出雲大社に鎮座され、自分の魂(幸魂・奇魂)を倭大物主櫛甕魂命 と名を称えて、大和の守り神として三輪山へお祀りになったという。

大物主神とは、国譲りをした出雲の大国主神の魂なのであり、大国主神は出雲に帰り、出雲大社に祀 られていることになる。
rps20110820_183429.jpg

続きを読む

三輪山の大物主様 大神神社その壱





日本最古の神社、奈良県桜井市にある三輪山大神神社参拝(2011年8月19日)ご報告。

奈良盆地にある三輪山は、太古より神様の鎮まる聖なる山であり、三輪山自体が御神体である。
この三輪山の神様は、大物主神といい、以前から出雲の大国主神と聞いてはいたが、何故出雲なのか、もう一つ理解出来ていなかったのだが、奈良の神社を歩いて解ったのは、古い神社は、出雲の神様をお祀りしている神社が多く、天皇家の天照大神は摂社でお祀りされている事が多い。
奈良は、寺院と天皇陵のイメージしか湧いてこなかったのだが、どうやらここに来て、古代出雲がだんだん見えてきたようだ。

大神神社は、流石に大和国一の宮だけあって、とてつもなく広い。
参道や社もとても綺麗である。

大神神社で大変理解し易い本が販売されており、早速購入した。
rps20110820_114035.jpg


1 大物主神とは・・・。

天皇家は、天照大御神の子孫とされるが、天皇家以前の日本は、神代(かみよ)の時代という。
その時代、出雲国の大国主神がこの国の国作りをされていた頃、海の彼方遠くから、国作りを協力していた神がいた。
少名毘古那神(すくなびこ)という。
しかし、途中で常世の国(海の彼方)に渡ってしまわれた。
大国主神は困っていたが、海上を照らし輝いて来られる別の神がいた。
その神は、「私を、大和国を囲む青い垣根のように連なる山々の、東の山の上に祭りなさい」と言った。
ここが三輪山と思われる。《古事記》

大国主神は別名を大物主神、または大巳貴命(おおなむち)ともいう。
大巳貴神と少彦名命(すくなびこな)は、力を合わせ、この国の生活が成り立つように作り変えられた。
しかし少彦名命は、「よく出来た所もあるし、できなかった所もあるね」と言って、常世の国へ帰られた。《日本書紀》大国主神は、国の完成していない所を、一人で歩いてお造りになり、やっと出雲国に着かれた。
「この国を治める者は、私ただ一人である。私と一緒にこの世を治める者は、もしかしているのだろうか」
するとその時、神々しい光を海上に照らす神が近寄ってきた。
それは、大巳貴神自身の幸魂・奇魂だった。神は、「やまとの国の三諸山に住みたい」といい、すぐさま宮を三諸山に造り、お祀りした。これが大三輪の神である。《日本書紀》
このように、大巳貴神自身の霊魂を自ら三諸山(三輪山)にお鎮めになったという。


以上のように、古代出雲国が葦原中国(日本国)だったと思われる。

さて、少彦名命とはだれか、常世とはどこなのか・・・。
大国主の国造り に際し、波の彼方より 天乃羅摩船 (アメノカガミノフネ)に乗って来訪した 神と言われ、
遠く朝鮮半島が想像出来るのだが。
また、熊野から波の彼方の常世の国に帰られたというので、ナニカ深い意味があるのだろう。


rps20110820_112659.jpg


大神神社

遠い神代の昔、大己貴神(おおなむちのかみ)【大国主神(おおくにぬ しのかみ)に同じ】が、 自らの幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみた ま)を三輪山にお鎮めになり、大物主神(おおもの ぬしのかみ) 【詳しくは (やまとのおおものぬしくしみか たまのみこ と)】の御名をもってお祀りされたのが当神社のはじまりであります。 それ故に、本殿 は設けず拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し、三輪山を拝 するという、原初の神祀りの様が伝えられて おり、我が国最古の神社 であります。 大三輪之神(おおみわのかみ)として世に知られ、大神をおおみわと申 し上げ、神様の中の大神様 として尊崇され、各時代を通じ、朝野の崇 敬殊に篤く、延喜式内社・二十二社・官幣大社として最 高の待遇に預 かり、無比のご神格がうかがわれます。(由緒書きより)
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。