スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻ぐり古墳

20140212094244043.jpg


【鼻ぐり古墳】
吉備の鼻ぐり塚古墳です。
吉備津神社にお参りせず、今回は、此方に来ました。
吉備は、牛の信仰が多いようです。
ある宗教団体が、この周辺を購入されているそうで、入場料が100円必要です。
古代から崇拝の対象になっている磐座があり、後部には、小さな社があります。
鼻ぐり塚古墳は、牛の鼻ぐりが、約690万個も積み上げられていて、圧倒されます。
ウルトラマンエースの「怪談・牛神」では、この鼻ぐり塚から鼻ぐりを盗んだ青年がヤプール人に呪いをかけられて牛神超獣カウラになっています。
案内には鼻ぐり塚の由来が詳しく記されています。
鼻ぐり塚について
 かつてわが国の農村では、牛を飼い、田畑の耕作の労役等に使用していました。牛は家族の一員のように大切に育てられました。その際、牛の鼻に穴を穿ち、鼻輪(鼻環、鼻ぐり)をはめ、それに縄を結んで使役していました。やがて牛は飼い主の手をはなれて売りに出され、解体されて肉となり皮となりその最期を迎えます。牛はその一生のすべてを人間のために尽くしてきたといえましょう。
 こうした牛の大恩に報いるため、死後残された鼻輪(鼻環、鼻ぐり)を牛の唯一の形見として集めて浄祭することを福田海開祖中山通幽師が発願されたのであります。篤信の方々のお力により全国から鼻輪は収集され、現在もその事業は続いています。
 鼻ぐり塚はもと円墳であり、その墳丘上に鼻輪を積んでいます。石室内には真鍮製の鼻輪を溶かして作った阿弥陀の宝号を刻印した金属板が安置されています。また、正面には馬頭観世音菩薩を祀っています。昭和初年に塚が建立されて以来、現在までにおさめられた鼻輪の数は六百八十万を超え、現在も畜類供養のため、春秋二回畜魂祭を行っており、年間数万個の鼻輪が塚におさめられています。
スポンサーサイト

矢喰神社(吉備)

【矢喰神社】

御祭神 吉備津武彦命
後に天満宮を合祀したので矢喰神社又は矢喰天満宮と呼んでいる。
創立年代不詳
吉備津宮縁起によれば第十代崇神天皇の時百済の王子温羅と云う者があった。
両眼大きく毛髪赤く、頬骨強大、身の丈抜群、その性勇 悍腕力絶大常に仁義を守らず日本を覗わんとする志があった。
本朝に来り諸州を暦覧する内、遂に吉備の国新山(後方の山)に登った。 この地方の勝れたるを見てこの所に大門を起し、城壁を築き矢倉を立てて城郭をなして居を構え、時には西国より帝京に送る貢物を略 奪した。
近里に往来して人民を悩乱せしめた。
時の人、この城郭を鬼ノ城と称し恐れた。
天皇勅して大吉備津彦命を派遣し之を征伐せしめられた。 即ち彦命は兵数千を率いて東の方吉備の中山に陣し、西の方は、日畑西山(稲荷山)に出で石楯を築き甲兵を引きい、鬼の城に向かい 温羅と戦った。 彦命、矢を放ては温羅の矢と空中に噛合い海中に飛び入る。
其の所に宮を建てて矢喰宮と云った。之が今日の矢喰神社である。 彦命、再び千鉤の矢に大矢二筋を番え発したところその一矢は喰い合って前の如く海中に飛び入ったが、他の一矢は温羅の左眼に命中 した流血で流水の如くであった。 其の所を名ずけて血吸川と云う。 是に於て温羅は雉となって山中にかくれたが、命は鷹と化して之を追うた。次には鵜と化して噛んで之を揚げ、その所を名づけて鯉喰 宮と云った。(東南二キロにあり)温羅、遂に錘旗を垂れ鋒刀を捨てて降ったとある。 以上は吉備津彦にまつわる物語でこの地方に昔から語り伝えられている伝説である。 左側の砂川が血吸川で血吸石がある。当時このあたりは海であった。

rps20130722_205059.jpg

温羅伝説吉備津宮縁起には、おとぎ話の「桃太郎の鬼退治」の基になったのが、温羅伝説である。
第10代の宗神天皇の頃、百済の王子と称する温羅(うら)という鬼が住んでいた。
両眼は大きくて毛髪は赤く、大きな身の丈で腕力は強くて、新山造った鬼ノ城を拠点に、西国から京への貢物を略奪したり、里の人民に危害を加えるなど悪事の限り を働いていた。
吉備の人々が、この窮状を都に訴えたため、天皇は、温羅征伐のため、孝霊天皇の子で四道将軍(よつのみちのいくさのきみ)の一人・吉備津彦命(きびつひこのみこと)を派遣 した。
彦命は兵数千を率いて、東の方吉備の中山に陣(現在の吉備津神社の付近)を構え、西の方は、日畑西山(稲荷山)に出で石楯を築き甲兵を引きい、鬼ノ城の温羅と戦った。
吉備津彦命の射た矢は、空中で温羅の投げる岩に食い込まれて落ちてしまい勝負が決まらない(その岩の落ちた所が矢喰い宮)。
そこで、吉備津彦命は二本の矢を同時につがえて放つと、一本は温羅の左眼に命中した(その血が流れて川となったのが血吸川、下流の赤く染まった浜が赤浜)、もう一本は岩に 喰い込んで下に落ちた。
温羅は雉となって山中に隠れたが、彦命は鷹になって雉を追った。
次に、温羅は鯉の姿に化けて川を逃げ下った。すると吉備津彦命は、鵜となって温羅を追い鯉をついばんで退治 した(鯉喰神社)と言われている。

鯉喰神社(吉備)

【鯉喰神社(吉備)】
【由緒】
吉備の国平定のため吉備津彦の命が来られたとき、この地方の賊、温羅が村人達を苦しめていた。
戦を 行ったがなかなか勝負がつかない。
その時天より声がし、命がそれに従うと温羅はついに矢つき、刀折れ て自分の血で染まった川へ鯉となって逃れた。
すぐ命は鵜となり、鯉に姿を変えた温羅をこの場所で捕食 した。
それを祭るため村人達はここに鯉喰神社を建立した。
社殿は元禄14年(1701)4月、天保13年3月に造営し現在に至った。
大正6年4月、庄村矢部字 向山村社楯築神社を合祀した。大正6年10月4日神饌幣帛供進神社に指定された。

【御祭神】
夜目山主命
夜目麻呂命
狭田安是彦
千田宇根彦
rps20130722_201148.jpg

【吉備の国 古代年表】
300年 日本 崇神天皇(第10代天皇即位)太歳甲申(庚申:甲申264年の36年後)
310年 百済応援に、吉備の先住民の出雲振根(百済の王子温羅)が筑紫に行った。
その後、吉備に帰還したが、吉備の石上神社を大和に移し、石上神宮に遷し加え祭る。


この神社の狛犬は、なんと備前焼きである。
この地方では、さほど珍しいものではないそうだが、丹後では、まず見かけない。

rps20130722_201253.jpg
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。