スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天目一神社

芦田さん、足立(安達)さんのご先祖?!
【天目一神社】を参拝!
記紀によると、天目一箇神(天津麻良=アマツマラ)は、天照大神が、天岩戸に隠れた時、刀、斧など、大神を慰める器を作った神で、金工、製鉄、鍛冶の祖神とする。
天目一箇神は、一つ目のマラ神という事で、この神を祖とする氏族について、『新撰姓氏録』では、葦田首、菅田首などが出てきます。
隣接する但馬国気多郡にも式内社、葦田神社があり、祭神は、天目一箇神です。
鎮座地を愛痛山『あしいた山』、御祭神は、愛痛大明神『あしいた大明神』と呼ばれたそうです。
澤潔氏によると、愛痛は本来、足痛で、製鉄のタタラを踏む人々の職業病である足痛と結びつくとされています。
あしいた→あしいだ→あしだ→芦田(足立、安達さんも同じ)

また『青銅の神の足跡』によると、タタラの炎の色を見つめ過ぎた為、一眼を損じたタタラ師の神格化が天目一箇神とし、たたら炉の色を見つめ過ぎ、眼を悪くし、歳を取ると、片方の目がダメになるという。
よって、足痛、目を悪くするなど、金属精錬に携わる人の持病を上げています。
足痛(葦痛)→足味田→足田(葦田、芦田)とし、足立姓(安達)は芦田姓の一族としています。
足立=職業病として、足の立たなくなった者。
京都府丹後峰山町に鎮座する藤社神社の境内社にも、天目一社があり、海人の羽衣伝説に登場する七夕伝説の子孫、安達家(足立家)も、芦田の転だろうとの説があります。
安達家は、峰山町大呂にあり、大呂は、大きな溶鉱炉から来ていると考えられるそうです。
姓氏苗字辞典によると、足立、安達姓は同じ氏族とし、
アダチとは、河岸、芦の生い茂る土地、日当たりのよい場所の意味があり、足立、安達などの漢字を用いる。
武蔵の足立氏は武蔵国の足立郡発祥の武蔵国造の末で、平将門の時に登場する武蔵郡司武芝の子孫。後に源氏に属し、源平時代の足立遠基が足立郡の地頭職、その子、遠光が丹波国氷上郡佐治郷を与えられ、栄えた。
足立遠政の時、明智光秀により滅亡したが、子孫は今も青垣、福知山、氷上に多いとあります。
芦田姓については
播磨に赤松氏族、丹波の豪族は、信濃井上氏族とあり、赤松氏といえば、元は製鉄民であったはずです。
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/天目一箇神
スポンサーサイト

阿毘地神社(福知山市)

【阿毘地神社】福知山市
天火明命をお祀りする海人系の古社である。
由良川沿いにある京都府最大の円墳、私市円山古墳から見下ろすような静かな森の中の神社。

【延喜式神名帳】阿比地神社 丹波国 何鹿郡鎮座

【現社名】阿毘地神社
【住所】京都府福知山市興567
【祭神】天火明命(神名帳考証)
    大日霊貴命
    アリオチ大明神(丹波志) 
【例祭】7月20日 夏季大祭 10月9日 例大祭
【由緒】宝亀年間(770-80)創建
【鎮座地】移転の有無不詳
【祭祀】江戸時代は「天日大明神」「天目大明神」と称していた
【社殿】本殿流造檜皮葺 拝殿・神庫・參籠舍
【境内社】稲荷神社・疫神神社・大木神社・手力神社・天神神社


rps20130625_195719.jpg
rps20130625_195822.jpg
rps20130625_195942.jpg
rps20130625_195902.jpg

天神神社(福知山市)

【天神神社】てんじんじんじゃ
福知山市下六人部多保市

天火明命の祖神国常立命をお祀りする古社で、由良川支流竹田川沿いに位置する。
神代紀で、日本の国土創成期に国を治めた天神七代 (アマツカミナナヨ) を祭る六人部(むとべ)七天神 のうち三代目のトヨクムムノミコトを祀っている。社伝によると本殿の建立は、文政8年 (1825)とある。
し かし、境内には、寛保3年 (1743) に奉納された手水鉢等多数の石造物がある。

rps20130625_194212.jpg
伝承によると上代から中世にかけて、福知山市堀の荒木神社(十二社権現)を六人部郷全体(郷外であるが字堀を含む)の産土神として奉斎した 。
その後、郷内各地区に分祀したという。
そして、これらはすべて正後寺(しょうごじ)の後方に聳える天突山(あまんづくやま・標高334m)を中心として東西南北各方位に祀られたものらしいとされる。(『歌枕の地 生野 の里』谷口守・平成一六・2004年)
この七天神は後世菅原道真を祀る天満宮と混同され、社殿の瓦・祭日の幔幕などに天満宮の社紋である梅鉢の紋が用いられるようになった。これには次のような言い伝えがある。

「もともと祀っていた天神七代の神々は、唐臼を使用することを大変忌み嫌われたが、さりとてこれを用いなくては米ができないので、困った氏子が誰言うともなく苦肉の策として菅公を 祭神とし、天満宮と呼ぶようになったという」(前掲『歌枕の地 生野の里』)
rps20130625_194312.jpg


rps20130625_194411.jpg


rps20130625_194340.jpg

浦島神社(福知山市戸田)

【浦島神社】

由良川沿いの福知山市戸田に海人族に纏わる浦島神社がありました。
詳細は徐々に掲載します。
PhotoGrid_1372127170228.jpg


rps20130625_113510.jpg


PhotoGrid_1372127223234.jpg

天照玉命神社

【天照玉命神社】
福知山市から青垣に抜ける今福旧街道の静かな森の中に、鎮座する大きな社が、天照玉命神社です。

丹後は、尾張系海神天火明命を祖神と仰ぐ海神国であり、古代の但馬、丹波、丹後の3国を田庭といい、四世紀~五世紀にかけては、大丹波王国言われるほどであり、大和政権と比肩するほどの強国だった。
丹後一の宮籠神社がその本宮といわれます。
その一の宮籠神社海部氏の兄弟神社が、この福知山に鎮座する天照玉命神社と、西舞鶴のヤハラ神社である。
神社の東北に、鳥ヶ岳と鬼ヶ城があり、それらの山と天照玉命神社を結ぶ延長線上に、穴裏峠があり、峠の先に神野神社が鎮座する。
神野神社の祭神は別雷命といわれ、天火明命をさす。
夏至のときに、神社から見ると 鳥ヶ岳と鬼ヶ城の間ぐらいから太陽が上がり、この二者の延長線上に、穴裏峠があ り、太陽はここに没する。近くに阿光照社があり、この神社は、もと天照玉命神社と言われて います。
天照玉命神社は太陽の動きの上に測量して作られ たことになるそうです。
鬼ヶ城の「鬼」は「ワニ」に通じ、海人産鉄者と深い関わりがあるといいます。

天照玉命神社の祭神は天火明命(饒速日命)であり、太陽信仰を意味します。


【天照玉命神社御由緒 】
祭神は天火明命で社格は元郷社延喜式内の古社で、天田四座 の一つにして創建は人皇第十三代成務天皇の御代丹波国造大倉伎命が宗家の祖先を 祀られたものである。
その後、戦国時代の混乱と荒廃により一時期衰退していた が、
承応二年、時の藩主松平忠房公は崇敬の念、特に篤く、同年十一月荘厳な本殿 及び拝殿を建立された。
現在の建物は、大正九年氏子の寄進により三ケ年の歳月を費やして、再建された ものである。
尚、本殿西に現存の校倉造の宝庫は近在唯一のもので、享保十四年 (一七一六)の造営によるもので非常に高い文化資料として称えられている。
当神社は、五穀豊饒の神として名高く、豊富庄を中心にした十三地区民の崇敬を あつめ、雨乞いの練り込みは今もって我々の記憶に新である。

丹波忠重朝臣の和歌 大江山 昔のあとの 絶えせぬは 天照神も あわれとや見む

rps20130615_155254.jpg

【延喜式神名帳】天照玉命神社 丹波国 天田郡鎮座

【現社名】天照玉命神社
【住所】京都府福知山市今安933-4
【祭神】天照国照彦 天火明櫛玉饒速日尊
【例祭】10月9日 例大祭
【由緒】成務天皇の代丹波国造大倉伎命が祖神を祀る
大同3年(808)丹波直人この宮に仕える
延慶2年(1309)藤原長清撰の『夫木集』に記
文安6年(1449)中原康富教典奉納
承応2年(1653)11月本社の社殿を修造
享保14年(1729)3月朽木玄綱造営 大正9年3月造営

【関係氏族】丹波氏
【鎮座地】当初鎮座したのは現阿光神社と思われる。
【祭祀】江戸時代は「和久神社」と称していた
【社殿】本殿流造 幣殿・拝殿・宝庫・社務所

rps20130615_155332.jpg
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。