スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江山の地名伝承

雪が降らないので、年末は大江山を徹底的に学習する事にしました。

大江山は、古代は余社の大山(与謝の大山)と呼ばれ、今の大江山になったのは11世紀の頃のようです。
大江山は、京都市と亀岡市の境にある老ノ坂付近と、ここ丹後の大江山の2つがあり、大江山の鬼、酒呑童子の本家本元騒動があったようですが、どちらの山にもあてはまるように書かれています。
これは、老ノ坂の大江山(大枝山)は、日本書紀では大井山、万葉集では大江山となっており、大江の古名は老または淤伊で、どちらもオイと読みます。
これが現在では大枝(おおえ)。
大日本史・姓氏録によると、天武七年(679年)大枝に丹波国の関所が設けられ、『大江(オイ)は今沓掛村ニシテ西北二在り即チ古き郷ナリ大江氏はコノ地で貫ナル』とあり、丹波丹後国司の大江氏の出生地であり、大江氏が丹波国司に赴任したとき、『ここが古代の老ノ本郷だ』とし、大江山としました。
長歴元年(1037年)に大江拳周が丹後国守として赴任し、丹後の大江山は、大江氏が丹後国司として赴任の時に、与謝の大山を大江山と称し、我が姓を当てた。
後世、丹波の大枝山は《老ノ坂》となり、丹後の与謝の大山は《大江山》となり、現在に至っています。

大江山連峰
『地名は貴重な文化財』
私は この麓の町に住んでいまして、この山の名前や伝説について、悩み続けた事がありました。
・いつ頃から大江山になったのか?う
・酒呑童子伝説(大江山の鬼退治)は京都の大枝山?

古い文献を読むと、この山は、与謝の大山、千丈ケ嶽、三上山、鬼嶽、鍋塚なとどが出てくる。
貝原益軒『西北紀行』1689年には大江山として書いてあるので、その時には大江山の山名が付いていた事になります。
この山には、古代から三つの鬼退治伝説が残されています。

①『古事記』に記された、日子坐王が、土蜘蛛、陸耳御笠を退治して、この山に逃げた話。
②聖徳太子の異母兄弟である麻呂子親王が英胡、軽足、土熊を討ったという話。
③そして有名な酒呑童子を退治する話。
https://nohmask21.com/oni/densetsu01.html
酒呑童子の本拠とした「大江山」は、原話では、京都市西京区にある山城国と丹波国の境、老ノ坂の大枝山(おおえやま)で、ここ丹後の大江山では無いとする有力な説があります。
しかし、丹後の大江山周辺は、鬼だらけで、鬼の交流博物館、鬼退治伝説に登場する多くの神社や地名があり、本家である大枝山より、今ではこちらを説とするのが、一般的になっています。
①と②の鬼退治伝説は、丹後の大江山(当時は与謝の大山)である事は確かですが、③の酒呑童子の大枝山が、何故、丹後の大江山になってしまったのか?

*加悦町史を纏めると、以下のようになります。
元乙訓郡大枝村(現在の老ノ坂辺り)に住んでいた大江氏が丹後国守になり、長暦元年(1037年)丹後に赴任した。
大江氏は、天安二年(858年)大枝音人が丹波守となって初めて「大江」の姓を称した。
子孫が丹波、丹後の国司を歴任し、丹後の大江山は、大江氏が丹後国司として赴任の時に、与佐の大山を大江山と称し、わが姓を当てた。
やがて、丹波の大枝山は「老ノ坂」となり、丹後の与佐の大山が「大江山」に組み替えられ現在に至る。とあります。

※亀岡の小塩山も大江氏が大江山とし、与謝の大山も大山氏が大江山とした。

平安時代初期の延喜式において、籠神社は山陰道唯一の官幣大社とあり、当時は出雲大社より社格が上とされているが、皇學館大学文学教授白山先生の講話を聞き、実はそうではなく、平安京の勢力域、つまり平安京の最北端の大社であるから官幣大社とされたのをお聞きしたことから、考えが変化しました。

なる程、日本書紀で大井山、万葉集で大江山とされた大枝山が、それにふさわしい平安京の最北端の山として、大江山の位置が変わったのではないか?と想像しております。
スポンサーサイト

青葉山 part2

s-uchiura.jpg
西峰山頂からの内浦湾、
若狭の海もなかなかです。
この景色は、途中の登山道からは見えません。

rps20110909_082903.jpg
こちらからの登山道は急なつづら折れの細い道です。

rps20110909_083317.jpg
山頂には、笠津彦と、笠津姫を祀る神社がある。


rps20110909_083108.jpg
巨大な岩穴には、丹後風土記に登場する、土蜘蛛がすんでいたのだろうか。

青葉山の土蜘蛛伝説
崇神天皇の弟、日子坐王(ひこいますのきみ)、玖賀耳之御笠(くがみみのみかさ)を殺す
古事記にはこのように書かれている。
「又日子坐王をば、旦波国に遣はして、玖賀耳之御笠を殺さしめたまひき」
日本書紀には、崇神天皇が、丹波に丹波道主命を派遣したとあります。
「日本書紀」に記述のある四道将軍「丹 波道主命」の伝承は、丹後一円に広く残って いるが、記紀系譜の上からみると日子坐王の子となる。 この陸耳御笠の伝説は、在地対抗勢力対大和国家の対立の構図 がその背後にある。
玖賀耳之御笠は、丹後の原住民の首領とおもわれる。

rps20110909_083231.jpg


青葉山 丹後と若狭に跨がる霊峰

rps20110908_195109.jpg


霊峰青葉山は、丹後と若狭に跨がる若狭湾で一番人気の高い山です。 標高は699mと、決して高い山ではありません。 登山口は、若狭高浜側から中山寺、高野、今寺の三カ所、それと東舞鶴の松尾寺からとの四カ所が あり、今回は高野からと今寺からの登山口 の二カ所 から登山しました。 つまり、二回往復した事になります。 車で、松尾寺側からの登頂を目指していましたが、道路が土砂崩れの為、通行止め。 若狭高浜側か らの登山口を目指しました。
写真は、福井県高浜から。
rps20110908_195150.jpg
こちらの写真は、舞鶴側です。
二つ峰があるのがわかります。
左側が青葉神社西権現のある西峰、右側の峰が東権現のある東峰。
真ん中が県境です。
rps20110908_195441.jpg

登山口からの登りは、比較的楽で、静かな森の中を淡々とのぼります。
途中、展望台からの若狭湾が美しい。

rps20110908_195546.jpg
結構な岩場があり、その下は絶壁。


rps20110908_201725.jpg
東峰山頂には、青葉神社東権現があり、ここから少し下ると、岩場に出る。
rps20110908_201807.jpg


rps20110908_201835.jpg

rps20110908_202001.jpg
こんなロープの岩場の下は落ちたらお陀仏です。
続きは明日。

登頂日 2011年9月8日

青葉山にはこんな伝説があります。

青葉山の土蜘蛛伝説

崇 神 天 皇 の ころ、その青葉山には土蜘蛛が住んでいた。
頭は、 “陸耳の御笠”といい、それはそれは恐ろしい形相 をしていた。
その頭を先頭に、土蜘蛛たちは山か ら降りては田畑を荒らしたり、家に入っては物を 盗んだりと、村人たちを困らせていた。
このことを知った天皇は、弟の日子坐王を呼ん でいった。
「青葉山の土蜘蛛が村で悪さをしていることは、 そなたも知っておろう。
何とか討ち捕らえてはく れぬか」 土蜘蛛退治を命じられた王は、すぐさま青葉山へ と向かっていった。
するとどうであろう。王が山のふもとに着くと すぐに、あたりには異変が起こりだした。
地面や 山はごうごうと音をたてて揺れ、天からは神聖で 荘厳な光がさし始めた。
「ま、まぶしい…」 あまりのまぶしさに、土蜘蛛たちは目も開けてい られない。
頭の陸耳は驚き、ころげるように山を 下り逃げだした。
それからどのくらいたったろう か。後を追いまわした王は、ついに陸耳を退治し た。 それ以来、青葉山のふもとの人々は穏やかに暮 らしたそうだ。
『若狭高浜むかしばなし』
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。