スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有子山城 山名氏最期の居城

rps20111004_211913.jpg
本丸からの素晴らしい展望。



有子山城 【戦国時代の古城】

有子山城(321m) は、城下町出石を眼下に見渡せる素晴らしい戦国時代の古城である。

天正2年(1574年)山名祐豊によって築かれた。
山名氏は此隅山城を 本城としていたが、永禄12年(1569年)山名祐豊の時、羽柴秀吉の第一次但馬征伐によって、それまでの居城であった此隅山城が落城し、祐豊は泉州堺に逃亡し た。
しかし、祐豊は、織田信長に従属することを条件に旧領の但馬を回 復する。
但馬を回復した祐豊は、尼子勝久・山中鹿 之助等とともに毛利氏と武力衝突を繰り返していたが、天正2(157 4)年に織田信長との約定を破り、毛利氏と同盟を結んだ。
天正二年(1574)山名祐豊は、起死回生を狙い巨額の軍資金と残存兵 力を結集して有子山城を築城した。

rps20111004_211510.jpg

天正8年(1580年)織田勢、羽柴秀長を将とした第2次但 馬征伐軍が有子山城を攻撃、山名祐豊は病死。子の氏政は因幡に逃れた。
これにより、但馬山名氏は没落した。
/天正13年(1585年)前野長康が、五万石で出石に入封したが、豊臣秀吉による、関白豊臣秀次の処刑に連座して殺害された。
文禄4年(1595年)播磨国龍野から小出吉政が五万三千石で出石に入封、子吉英が麓に出石城を築城し、有子山城は、廃 城となった。

rps20111004_211320.jpg



rps20111004_212031.jpg

有子城への登城は、出石城跡の稲荷口からの石段を登り切ったところにある城址の碑 が目印となる。
急坂なので、登り応えがある。ハイキングのようで、楽しい。
曲輪・堀切・土橋・石垣など、見応え十分で、素晴らしい古城である。


rps20111004_211544.jpg


rps20111004_211709.jpg

rps20111004_211626.jpg

rps20111004_211825.jpg

主郭周囲には「野面積」の石垣が残されており、実際に戦った城を感じ取れる。
スポンサーサイト

此隅山城 【応仁の乱、山名氏の本城】

此隅山城 【応仁の乱、山名氏出陣の本城】
此隅山城(このすみやまじょう)は、兵庫県豊岡市出 石にある山 城。
別名は子盗城、此隅城。「山名氏城跡」として国の史跡に指定 されている。
応安5 年(1372年)頃、出石神社の北にある標高140mの此隅山に山名時義が築城。
以後山名氏の居城とな る。
応仁元年(1467年)、応仁の乱が始まると、此隅山城には山名の各領国から計2万6000騎の軍勢が 集まり、山名持豊(宗全)は当城から京都へ出陣した。
永禄12年(1569年)、山名祐豊の時、羽柴秀吉に攻められ落城。祐豊は、 より高所にある有子山城 に居城を移し、城は廃城となった。
山全体が要塞と化した、まさに戦国の山城である。
rps20111003_221919.jpg


応仁の乱で西軍の総大将として細川勝元の率いる東軍と戦った山名宗全は、(元の名前は持豊という。後に出家して宗全とした。) 勇猛果敢な武将で、《赤入道》と呼ばれた。

宗全は1404(応永11)年5月29日に但馬国出石の此隅山城で誕生した。
出石は新羅の アメノヒボコの開拓した土地で、その歴史は古い。
近くに但馬国一宮出石神社があり古くから開けた土地であった。
室町時代、山名氏が但馬守護となった。
出石は但 馬守護の居城の地として発展する。


此隅山城は、文中年間(1372年~1374年)ころ山名時義によって築かれたといわれている。
山麓には宗教寺、願成寺、大手門、御屋敷、などの地名が残り、かつて城下町が存在したことを伝 えている。 また出石神社や総持寺にも山名に関する書状などが残っている。
しかし永禄12年(1569)と天正8年(1580)に天下統一を狙う木下秀吉らの織田軍が但馬に侵攻 し、此隅山城は落城した。 《出石町教育委員会》


rps20111003_222353.jpg


丹波の名城 福知山城

GRP_0556.jpg

福知山城 


城の種別 平山城
築城時期 天正七(1579)年
築城者 明智光秀
主要城主 明智光秀、杉原氏、小野木氏、有馬氏、朽木氏
遺構 曲輪、石垣、井戸、移築現存番所、復原天守 と転用石の石垣


小笠原長清の後裔塩見大膳頼勝が横山城を築いた。
織田信長に丹波平定を命じられた明智光秀は、天正七( 1579)年六月、横山城の塩見大膳信房、八上城の波多野氏を降し丹波国を平定、 横山城を新たに福知山と命名し大改修した。
築城に当たっては、信長 の旧権力否定の表れといえる、付近の社寺の転用石( 墓石、五輪塔や宝篋印塔 など ) の多さに驚く。
山崎合戦で光秀とその一党は滅亡した。



光秀本人は主に亀山城を丹波での居城とし、 福知山城には甥の明智秀満を置いた。 光 秀は、娘の玉(ガラシャ夫人)を細川忠興にやり、細川氏の宮津城築城の際、大きく協力した。天橋立で遊興した記録もある。光秀は民政にも力を入れ、 地子銭免除や河川の改修などで、民衆の高い支持を得た。
江戸時代から御霊神社に祀られるなど敬慕され た。

天正十(1582)年六 月一日、
織田信長に羽柴秀吉の備中高松城攻めへの援軍を命じられた明智光 秀軍は、亀山城を進発した。光秀は 進路を京都に向かって取り、六月二日早暁に信長の居所である、本能寺に火を放ち襲撃、信長を自害に追い込んだ。
しかし、羽柴秀吉との山崎合戦で 光秀とその一党は 滅びた 。
山崎合戦後 、亀山城に羽柴秀勝 (信長四男秀吉の養子) が入り、福智山城は その支配下におかれた。
翌天正 十一年 杉原家次が 二万石で入った 。
家次が病死、天正十三年 ( 1585 ) 、秀吉の重臣 小野木重勝が三万石で入る。
慶長五年 ( 1600 ) 、 関ヶ原合戦に先立ち、小野木重勝 は 石田三成 )の 命により、徳川に味方した 細川氏の丹後田辺城攻めに 出陣した 。
ところが 、 関ヶ原の戦いで石田三成の軍は、大 敗 した。
福知山城にいた重 勝 は 、関ヶ原で 徳川方に属して戦った 細川忠興の軍勢に 城を囲まれ 降伏し、重勝は亀山城で切腹した。
関ヶ原の論功行賞で有馬豊氏が 福知山城主になった。米高 六万石である 。
有馬氏により、城下町が完成したと云われている 。
元和六年(1620) 、大坂の陣による戦功で有馬豊氏は 筑後 久留米に 転封 。
翌七年 に 岡部長盛 が 五万石で 藩主となった 。
三年後の寛永元年(1624)、稲葉紀通が四万五千七百石で藩主となる。
と こ ろ が 、 悪 政 者 で あ っ た為、民衆からの評判が悪く、隣の丹後宮津藩 京極家 ともいざこざを起こし、謀反の噂まで広がってしまった。
慶安元年 ( 1648 ) 八月二十日 、稲葉氏は、自殺 に追い込まれた。
慶安二年 ( 1649 ) 松平 忠房 が 四万五千九百石 で 藩主となる。
寛文九年 ( 1669 ) 忠房 が 肥前 島原 へ 移封 となり 常陸土浦藩主 朽木 稙昌 が 三万二千石 で 最後の藩主に赴任した。
以後 、 十三代 朽木氏 が 続き、明治維新を迎えた。
朽木さんは現在も続く名家である。


福知山城に並ぶ転用石。
GRP_0518.jpg
この墓石、五輪塔などの転用は、明智光秀の城のシンボルである。

GRP_0514.jpg

福知山城の井戸は、全国の中で、最も深いものである。
GRP_0551.jpg
プロフィール

南方系海人

Author:南方系海人
ブログへようこそ!
古代丹後には王国があり、近年の調査で少しずつ証明されつつあります。
また丹後には、素晴らしい自然と伝説が沢山あります。
7000以上もの古墳、遺跡、史跡を自分で歩き、古代からつづくロマン街道や、元伊勢、神社、古墳、山城を旅する記録です。元伊勢伝承地は全て廻ります。
郷土のコアな伝説は、現地に何度でも行って調査します。
私は歴史家でも考古学者でもありませんが、郷土を愛し、歴史を知りたくて開設しました。
ホームページでは無く、あくまでもブログです。
間違えた認識もあるかと思います。
自分が調査した事を纏め、日記帳として利用しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。